体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『indiegogo』で76万ドルを集めた自走式スーツケース『Travelmate』の国内販売を発表

『indiegogo』で76万ドルを集めた自走式スーツケース『Travelmate』の国内販売を発表

TravelmateRobotics社は、クラウドファンディングサービス『indiegogo』で76万ドルを集めた自走式スーツケース『Travelmate』の2018年の正式リリースを発表。12月4日、日本国内向けの販売について発表会を開催しました。

travelmate2

『Travelmate』は、内蔵モーターにより、専用アプリをインストールしたスマートフォンを持つユーザーを追尾して自走する機能を持つスーツケース。このほか、スマートフォンと連動したロックの施錠・開錠、重量のチェック、USBポートからの充電、GPSタグによる位置の確認、LEDによるカラーのカスタマイズやバッテリー残量の確認など多彩な機能を搭載します。

最大時速9kmで、最長4時間の走行が可能。内蔵カメラで段差や障害物を認識、避けて走行できるとのこと。

travelmate3

国内ではイーコネクトが販売。2018年2月に先行予約受付を開始し、4月に発売を予定しています。価格はSサイズ(55×20×40cm)が12万6000円(税別)、Mサイズ(69×29×49cm)が14万9000円、Lサイズ(75×31×52cm)が17万6000円(税別)を予定。

発表会ではタッチ&トライや製品の撮影時間が用意されていなかったので、構造や機構など詳細は不明。プレゼン中に一瞬、走行したデモを動画で撮影しています。

自走式スーツケース『Travelmate』(YouTube)
https://youtu.be/zzKMlB7X07E

Travelmate スーツケース|正規販売代理店
https://travelmaterobotics.jp/

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。