体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」

dsc_0454

2011年初の映画化以降、2013年には続編『探偵はBARにいる2』が公開。待望のシリーズ最新作となる『探偵はBARにいる3』が現在大ヒット上映中。

札幌在住のミステリー作家・東直己の「ススキノ探偵」シリーズを原作に、探偵を大泉洋さん、高田を松田龍平さんが演じる本作。ハードボイルドなテーマが2人の絶妙な掛け合いによって、笑いあり涙ありの見事なエンターテイメントに進化しています。

今回ガジェット通信では、主演の大泉洋さんにインタビューを敢行。映画について、札幌愛について、色々とお話を伺ってきました。

dsc_0423

――『探偵はBARにいる』シリーズ4年ぶりの集結となりましたが、久しぶりにこのメンバーとご一緒していかがでしたか?

大泉:今回は監督が過去2作とは違うのですが、逆にいうと美術さんも衣装さんもほとんどのスタッフが前作と一緒で。また一緒にやれる喜びが現場に充満していて、すごくいいなと思いました。「みんなが待ってた」って感じがすごくしたので幸せな映画だなと。

――私もそうですが、ファンの皆さんも心から待っていたと思います!

大泉:そうですね、ありがたいです。北海道の皆さんが本当に楽しみにしてくれてて、ロケをしていても「洋ちゃん、探偵やらないの?」って何度も言われていたので。

探偵はBARにいる3

――3の見所はどんな所にありますか?

大泉:2ってすごく派手でエンターテイメント性が高かったと思うんですが、今回の3は1に寄せた、大人でストーリーがしっかりした映画になっていると思います。これまでって、最初からアクションか最初から拷問か(笑)でシーンが始まってたんだけど、今回はしっとり始まりますよね。単純に皆が年とったっていうのもあると思います。スタッフもキャストも変わって無い分、皆が同じく年をとっている。30代後半からの6年間ってすごいデカイですよ。だから、6年前の僕よりも今の僕が演じる探偵の方が説得力が増してるかもしれませんね。

――『探偵はBARにいる』って世界観が確立されていて、今回3を観ても「これこれ!」と興奮してしまったのですが、この世界観を作っている一番大きな物って何だと思いますか?

大泉:高田とかおなじみの連中との関係が出来上がっているからこその空気感と、セリフまわしっていうのは大きいと思いますね。探偵のしゃべり方って、ハードボイルドなセリフの言い回しで最近観ないキャラクターですよね。それが『探偵はBARにいる』の世界観だと思うし、僕もその世界観が好きなんだと思う。

後は、僕はこの映画にはどこかに切なさがあると思っていて。刑事モノと探偵モノの違いかもしれないんだけど、刑事モノってもっと派手で大きいことやってるんだけど、探偵モノってなぜかどこかに切なさがある。今回のヒロイン・マリ(北川景子)にも切ない過去があって、探偵はそれを分かっていて全て受け止めて飲みに行ったりね。ハードボイルドなんだけど切ないんだよなあ。

探偵はBARにいる3

――本作のお話作りには大泉さんの意見も入っていると伺ったのですが、具体的にはどのあたりですか?

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。