体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超ミドリンピックってなに? こんなのやっていいの?

超ミドリンピック画像

編集追記:「真剣ボクシング」の際転倒したミニラさんですが背中に痛みがあり病院にてレントゲン撮影をしてもらいましたが異常はみられず「一過性の打撲」との診断、との情報が入っています。また、紛失したとされていたミニラさんの財布は「猫耳の箱の中」にあったそうです。

『本当にこんなことやっていいのか?』と現在問題視された放送がついに超会議にて行われる。なんと、素人同士がグローブをつけて殴り合いを行うというその放送の名前は『超ミドリンピック』。放送の中でボクシングをさせるというのだが、はたしてその内容は?

ボクシング関係者のK氏は『危険極まりない、なにかあってからでは遅いしボクシングを舐めてる』と怒りで肩を震わせた。それもそのはず、16オンスのグローブにしろ、顔面にストレートパンチが直撃したら下手したら鼻血、いや、歯までポキリとへし折れてもおかしくないというのだ。

しかし主催者の横山緑氏は楽観の姿勢で「は? 怪我が怖くてボクシングはできませんよ。だってボクシングって互いを殴りあうスポーツじゃないすか、男の子なんだから怪我はつきものっすよ。」一笑した。

しかし「下手したら当たり所が悪ければ急所もやられる恐れがある」との話に「ひぃっ! 怪我をしたら元も子もないので安全面はできるかぎり確保します」と考えを改めボクサー用のヘッドギアを急遽購入するにいたった。(記事の最後の画像)

しかしながら『危険なので本当にやめてほしい』など本気で中止を求めるメールも氏のところに届いているが、横山氏は『一度動いた機関車が止まるかよ』と闘志に火を注ぐことになってしまっているようだ。

気になる対戦カードだが

第一戦 タイガーくらっちVSミニラ

第二戦 田口VSマッスル宮崎

第三戦 りなりな VS片桐えりりか 

ファイナルマッチ 石川典行VS横山緑

他 スペシャルエキシビジョンマッチ

が行われる。

この記事を読んで「ただのお前の宣伝記事じゃん。こんなのニュースでもなんでもねえよ! お前のクソブログにでも書いてろ!」と思ったキミは正解だ。だが、もしこの記事を見て少しでも『超ミドリンピック』に関心をもったら一度見てほしい。

そんな危険だらけで関係者からも『中止要請』があった超ミドリンピックは4月29日(日)12:30から行われます。

超ミドリンピック | ニコニコ超会議2012 公式サイト

緑とヘッドギア
横山緑の記事一覧をみる

記者:

暗黒放送Pの横山緑(フリージャーナリスト)は言論弾圧を許さず、マスコミどもが目を背けるニュースを記事にする日本執筆倶楽部2位のプロのライターだ。仕事よこせ!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。