体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

和食×ガストロノミー、「Kyo gastronomy KOZO」は驚きの連続【京都】

f:id:mesitsu_lc:20171010014042j:plain

おそらく日本初!? ガストロノミー料理と日本酒ペアリング

こんにちは、おいしい料理と日本酒をこよなく愛する、メシ通レポーターの西尾明彦です。

今回ご紹介するのは、話題のガストロノミー料理です。和食をベースに、フレンチや分子ガストロノミーの技法を取り入れた、新感覚のコース料理で人気の「Kyo gastronomy KOZO(キョウ ガストロノミー コウゾウ)」です。

ディナーコース7,344円からと、安いお店ではありませんが、どうしてもご紹介したい理由があります。

それは、おそらく日本初、ガストロノミー料理に合わせて、日本酒をペアリングで楽しめるお店なんです。

f:id:mesitsu_lc:20171010013858j:plain

お店があるのは、ここ数年で、高感度な飲食店が増えてきた京都・御所南エリア。最寄り駅は地下鉄丸太町駅、京都簡易裁判所の東南角のすぐ向かいです。

f:id:mesitsu_lc:20171010013834j:plain

店内はカウンター5席、テーブル8席の13席。店内奥には坪庭もあります。

「創作和食出身で、実は和食一筋です。独立する前は、両親が営んでいる、京都・西洞院蛸薬師の『京 泰山木』で料理長をしていました。フレンチも分子ガストロノミーも、すべて独学なんです」

f:id:mesitsu_lc:20171010013919j:plain

気が遠くなりそうな、丁寧で繊細な仕事をする、オーナーシェフの野田耕三さん。

今回は「黒毛和牛A5サーロインステーキコース」(8,640円)と、料理をきちんとお伝えできるよう、スモールペアリング(2,916円)でお願いしました。

1品目から、スペシャリテの登場です!

f:id:mesitsu_lc:20171010014010j:plain

▲苔テラリウム フォアグラクリーム、舞茸とベーコンのマッシュポテト

食べるのがもったいないくらい、まるで精巧な箱庭細工のようです。フォトジェニックなんて言葉では表現しきれません。

f:id:mesitsu_lc:20171010013942j:plain
1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会