体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Huawei、AppleのFace IDよりも10倍精度の良い顔認証機能を披露

Huawei は今週中国で開催された Honor V10 の発表イベントで、Apple の Face ID よりも認識精度に優れた顔認証技術を披露しました。Huawei が開発した顔認証技術には iPhone X の Face ID にも似た仕組みが採用されていますが、その精度は Face ID よりも 10 倍良いとされています。その原理はドットプロジェクターを用いてメッシュ構造の点を人の顔に投影して その 3D マップを作成します。次に配置パターンを個人の特徴として端末に暗号化された状態で記録し、ロック解除のたびにそれと照合することで、本人と確認しています。Face ID ではこのメッシュパターンを顔の 30,000 箇所に作成しますが、Huawei の顔認証技術では 300,000 箇所に作ることによって認証の精度を高めています。この機能が搭載された Honor V10 では高解像度のフロントカメラによって 1,280 x 800 ピクセルの顔スキャンを行い、そのスキャンにかかる時間はわずか 400 ミリ秒とされています。Huawei は iPhone のアニ文字に似た機能でもこの技術を活用しています。Source : Twitter

■関連記事
Essential Phoneのカメラアプリがポートレートモードに対応
Snapchatが新しく再設計されたアプリのリリースを予告
Microsoft、Android向けにWindowsフォトアプリを提供へ

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。