体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コスプレのお仕事はアニメ「進撃の巨人」から広まった!?―コスプレ専門会社を設立した雅南ユイさんにインタビュー

 この数年でコンパニオンやモデル・ステージ出演などにおいて、企業から対価をもらい仕事として活動するコスプレイヤーが増えました。いつから増えたのか、気になるギャラ事情、著作権問題について、コスプレ専門会社「ONIGIRI Plus」を設立した雅南ユイさんに語ってもらいました。

*  *  *

自分を救ってくれたコスプレの魅力を世界に伝えたくて会社を設立

(写真撮影:日本コスプレ通信)

 若い時代は引きこもりがちでしたが、コスプレを通して友達が増えたことで救われました。同じ苦しみを抱える人達にコスプレの魅力を伝えたくて、それなら個人よりも会社という大きな組織にした方が発信する力が強くなると考えたのがきっかけです。それと、基本的に趣味としてやるのがコスプレですが、コスプレの著作権のグレーゾーンの交通整理も後押しできればと思い会社を設立しました。

 作品キャラクターのコスプレの衣装・コスプレ写真集・ROM等を許可なく販売するといった活動は、その作品の版権を持つ企業側からみると、「無断で版権を2次利用している人達」と捉えられます。

 私もそれまで、個人的なお付き合いで企業ブースやステージに呼ばれることはありましたが、盛り上げて欲しいという反面「あくまで遊びに来るだけ」「仕事ではない」と担当者に念を押された時期もありましたね。著作権の問題で、権利者の許可なく金銭を発生させると問題になるため申し訳ありませんと言われたことが何度もありました。

 せっかく発信力があるコスプレなのにもったいない。グレーゾーンの交通整理をして、企業にプロモーション効果があると伝えたいと強く思いました。タッグを組むことで日本のコンテンツを、世界に発信できる新しい仕組み作りがしたかったのです。

コスプレイヤーはSNSへの発信力が強い

 設立当初は同じようなコスプレ会社が周りになかったので、営業をしてもなかなかコスプレが業種のひとつだということを認識していただけず、「コスプレの会社って何? 怪しい!」といったご意見もありました。宴会芸のコンパニオン派遣業だと思われることもあり、何をする会社なのか理解していただくのに苦労しました。今と違ってコスプレはただの趣味だと思われていた時代です。お仕事を任せていただけるという信用・信頼はまだ多くは得ていませんでした。
 
 転機は「アニメジャパン」の前身にあたるイベント「アニメ コンテンツ エキスポ2013」でした。「弊社のブースのコンパニオンを、御社のコスプレイヤーに任せたい」と言ってくださったのが、なんとアニメ「進撃の巨人」の企業ブース担当の方でした。放送開始前とあってヒットするか未知数のコンテンツだったからこそ、いただけたチャンスだと思います。その後、アニメ「進撃の巨人」が大ヒットしたことで「ONIGIRI Plus」の存在も「何だか面白いことをやっている会社があるぞ」と業界に周知されていきました。

 コスプレイヤーは自分のコスプレ姿を写真に作品として残す事が大好きですし、撮られることを得意としてSNSへの発信力もすごくあります。加えて、作品を研究してそのキャラクターになりきろうとするコスプレイヤーならではの努力が、クライアントに大きく魅力を感じて頂いたポイントでした。「アニメ コンテンツ エキスポ2013」以降、コスプレ会社が増えたと感じています。

企業もTwitterのフォロワー数だけで評価しなくなってきた

 コスプレイヤーの割合は圧倒的に女性が多いです。弊社でも登録している9割は女性です。キャスティングは、登録しているコスプレイヤーの中から、条件に合致する子をまず社内で書類選考し、その後候補者の中からクライアントに選考していただきます。近年はSNSの普及により自身でタレント活動をするコスプレイヤーも増えたので、発信力に比例してギャラも全体的には上がっていますね。基本は日当程度、Twitterのフォロワー数が多いタレントレベルなら数万以上ですかね。時には名指しで出演依頼をされる子もおります。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会