体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

セガがスマホ向けゲームアプリ『共闘ことば RPG コトダマン』ほか3本の新作発表会を開催!

さる11月21日、セガゲームスからスマートフォン向け新作タイトルの発表会が行われた。大きな注目を集めたのが2018年春に配信予定の『共闘ことば RPG コトダマン』。言葉を組み合わせて敵を倒していくRPGで、その発想とシンプルな操作で大ヒットを予感させる。試遊会も用意されているということで、編集部がひと足早く体験してきた模様をレポートしよう!

 

米国で絶好調のセガゲームス! 日本でおよそ2年振りの新作発表会!

発表会の冒頭、壇上に立ったセガゲームス 代表取締役社長 COOの松原健二さん

発表会はセガゲームスの代表取締役社長 COO・松原健二さんの挨拶からスタート。今年はバーチャルカンパニーを統合して「デバイスにとらわれず、私たちの持つIPやスタジオの力を、強くお客様のもとに届けていく。新しい作品、遊び方を提案していきたい」と述べた。

同じく取締役CSO・岩城農さんが発表会の進行を担当した

続いて壇上に立った同社の取締役CSO・岩城農さんの進行で発表会がスタート。すでに東京ゲームショウ2017で制作発表されている『D×2 真・女神転生リベレーション』の続報と、新タイトル『ワンダーグラビティ ~ピノと重力使い~』『プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド』の概要が発表された。

 

『コトダマン』まったく新しいタイプのRPGに会場がどよめいた!

そして、最後に発表された3つめの新タイトルが『共闘ことば RPG コトダマン』(対応OS:Android/iOS・無料ダウンロード(ゲーム内課金あり)・2018年春配信予定)だ。まったく新しいタイプのゲームということで、発表会場でも取材記者たちからどよめきが起こるほどだった。

最大4人プレイで「ことば」を操りながら敵を倒していくRPGが「共闘ことば RPG コトダマン」だ

この「共闘ことば RPG コトダマン」は、平仮名1文字を組み合わせて「ことば」を作り、できあがった言葉の数に応じて敵キャラにダメージを与えて倒しながら進んでいく新感覚RPG。最大4人でのマルチプレイが可能となっており、文字の精霊「コトダマン」をプレイヤーが操って進行していくスタイル。

 

 

発表会壇上では、「共闘ことば RPG コトダマン」のプロデューサー・中村たいらさんと岩城CSO、スタッフ2名が実際にマルチプレイを試遊。中村Pは「開発に2年以上をかけたタイトル。“ことばの力”というのは、普遍性があり、今の時代でもヒットするタイトルだと思います」と自信を見せた。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。