体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フランス産!アスペクト比18:9の大画面を搭載&コスパ抜群のWikoのミドルレンジスマホ「View」が12月に発売!

Wikoというフランスのスマホメーカーをご存知だろうか?世界35ヶ国で事業を展開しているモバイルベンチャー企業だ。フランスでのシェアは第2位という人気ぶりで、2017年2月から日本にも本格参入している。

そんなWikoが、12月よりミドルレンジスマホ「View」の発売を開始することが発表された。

・アスペクト比18:9の大画面

Viewはオープン価格だが、ローエンドモデルの「Tommy」が1万円台だっただけに、ミドルレンジモデルのViewは2万〜3万円台になることが予想できる。注目してほしいのは、他社メーカーのフラグシップモデル顔負けのディスプレイだ。

ディスプレイサイズは5.7インチHD+であるものの、アスペクト比は18:9で、迫力のある映像やゲームを楽しむことができる。本体にはもちろん指紋認証センサーも搭載し、外観はスタイリッシュなメタルデザインだ。

・1600万画素のインカメラを搭載

さらにすごいのがインカメラだ。背面カメラの画質が1300万画素なのに対し、インカメラは1600万画素と、セルフィー向けモデルといっても過言ではない。そのほか、メモリは3GBで、ストレージも32GBと、値段を考えるとかなりコスパが高い。

カラーは、ゴールド、ディープ・ブリーン、チェリー・レッド、ブラックの4色展開だ。見た目もスリムで使いやすそうだ。SIMフリーなのも嬉しい。スマホを2台もちたい人にとっても、なかなか嬉しいスペックと値段であることは間違いないだろう。

執筆:Doga

View/Wiko Mobile

PR TIMES

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。