ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アップル、次のディスプレイはブックタイプの折り畳み式!?米国特許商標庁が特許出願を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
米国特許商標庁(The US Patent & Trademark Office)は、23日にアップル社から、折り畳み可能なディスプレイの特許出願があったことを発表した。

・本のように開けたり閉じたりできるディスプレイ

情報によると、このディスプレイは、本のように開け閉めできるタイプだという。アップルが長年研究してきた、可とう性ディスプレイの進化版と言っていいだろう。同社では2014年に、ディスプレイが曲げられたり形を変えられたりしたとき、それをデバイスが入力として拾う方法で、特許を取得。その技術は、iPhone Xのスクリーンに、採用されている。

今回の特許出願は、OLEDパネル(有機EL)はもちろん、LCD(液晶ディスプレイ)、次有機ELに続く世代ディスプレイとして注目のマイクロLEDも、対象となっている。実際、マイクロLEDパネルを使用するにあたり、世界最大の半導体製造ファウンドリTSMCに、技術面で協力を仰いでいるとのこと。同社が早い段階から、折り畳み式デバイスの開発に取りかかると見てよさそうだ。

・LGと提携開発!?

アップルが折り畳み式のディスプレイを、LGと提携開発するという噂は以前から、IT関係者の間でまことしやかにささやかれていた。そのために、LGの工場に投資する予定だったと、レポートもされている。LGとの共同作業が色濃くなってきてはいるが、どのような形を取るか、現段階でははっきりしていない。

2021年頃、市場に出るだろうと噂されていた折り畳み可能なiPhone。その予測が正しいか否かは、来年以降の動きでわかりそうだ。

souce by 9to5mac.com

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。