ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

浦和レッズ、「ACL決勝」第2戦で勝利の鍵を握る選手は?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

浦和レッズ、「ACL決勝」第2戦で勝利の鍵を握る選手は?
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「SPORTS DIGGER」。11月22日(水)のオンエアでは、サッカーのアジア王者決定戦、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝戦、浦和レッズ vs アル・ヒラル(サウジアラビア)に注目しました。

ACL決勝戦の第2戦は11月25日(土)に行われます。そこで、試合の展望について、元サッカー選手で“ミスター・レッズ”こと、福田正博さんに伺いました。

まずは、アウェイで行われた第1戦(1−1で引き分け)を振り返りました。

チャンスはアル・ヒラルの方が多く、福田さん曰く「3、4点は取られてもおかしくないような試合展開だった」と分析。「特に、前半の立ち上がりで猛攻を仕掛けられて、ゴールキーパーの西川がビッグセーブを2、3回しましたが、そのビッグセーブがなかったら、前半戦で3、4点は取られていてもおかしくないような厳しい試合だった」と振り返りました。

ACLのルールを考えると、アウェイで1点取るというのは大きいものがあるそう。

「第2戦では、アル・ヒラルは必ず1点以上を取って勝たないといけないわけで、相手はかなり前がかりでくると思います。浦和としては、積極的に相手のボールを取りにいくようにして、どんどんプレッシャーをかけて、自分たちのペースにもっていくことが大事。相手が前に出てくれば後ろにスペースができるため、ボールを奪ったら、スピードがあってひとりでゴールを決めるだけの力をもっているラファエル・シルバをうまく使えばいいと思います」と解説。

守備では槙野智章選手がキープレイヤーになるそうです。

「1戦目、槙野選手はセンターバックをやってましたが、2戦目は左のサイドバックをやると思います。左の方がかなり崩されていたので、そこをしっかりと抑えられれば相手の攻撃は制限できると思うので、槙野選手に頑張ってもらいたい。そうすればアル・ヒラルも思うように攻撃ができなくて、焦ってくると思います。相手を焦らせるような戦い方ができれば浦和のペースになると思います」

ちなみに、今シーズン、浦和レッズはACLのホームでの試合で負けていないそうです。サッシャも「希望が出てきました!」と声援を送りました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。