ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アップル、新たな才能をインドから発掘!インド工科大学を対象に新卒採用を実施

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
今、世界のIT企業の視線が、インドに集まっている。かのアップルも、例外ではない。同社が注目したのは、インドの最高学府IIT(インド工科大学)。すでにボンベイ校へ、採用試験の申請用紙を配布している。

・11月最終週に試験を実施

申請用紙が配られたのは、11月12日。そこから、書類選考を経て、11月最終週に、採用試験が敢行される予定。

IITは、インド各地に10校以上存在する。今回対象となっているのは、ボンベイ校のみだが、アップル側は他のキャンパスにも、人事募集の要請を交渉しているらしい。合格者には、入社後、アップルから然るべきポジションが与えられる。プロファイル制作と、コンピューターサイエンスを研究するチームに、配属されるとのことだ。

・他のキャンパスは難色!?

しかし、この参加要請に対し、他校は難色を示している。理由は、そのスケジュール。学内ではほぼ同時期に、セメスター試験(定期試験)が行われるからだ。アップルの希望通りの日程で採用試験を受ければ、学生に大きな負担がかかる。IIT全校が参加するのは、おそらく難しいだろうというのが、大学側就職担当者の見解だ。学校側の意見に反し、当事者である学生たちは、このニュースを大いに喜んでいる。世界のアップルが、自分たちの中から、最高のブレインを選ぶ。IT職の卵たちにとって、これほど魅力的なことはないのだろう。

採用試験実施まで、あと1週間足らず。目論見通り、優秀な人材を発掘できるか否かは、神のみぞ知るところだ。

souce by Indiatimes.com

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。