体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“子供のおもちゃ”だけじゃもったいない! 『スター・ウォーズ プレイウォッチDX』レビュー

“子供のおもちゃ”だけじゃもったいない! 『スター・ウォーズ プレイウォッチDX』レビュー

11月11日にタカラトミーが発売した『スター・ウォーズ プレイウォッチDX』のレビューをお届けします。子供用のおもちゃにしておくのはもったいない、大人にも魅力的な多機能ウォッチです。

『スター・ウォーズ プレイウォッチDX』は、タッチパネルとカメラ、モーションセンサーを搭載した、本格的なスマートウォッチ風おもちゃ。ネットに接続したりスマートフォンとBluetoothで連携するわけではないですが、ガジェット好きの心をくすぐる多彩な機能が楽しめます。

playwatchsw2 playwatchsw3

まずは外観をチェック。本体はプラスチック製なので持ってみると軽いのですが、見た目は質感の高いスマートなデザイン。

playwatchsw4 playwatchsw5

バンドはシリコン製で、レビューした『スター・ウォーズ プレイウォッチDX ファースト・オーダー ストームトルーパー オフィサー』では『スター・ウォーズ』ロゴ、ファースト・オーダー ストームトルーパー、ファースト・オーダーのマークがプリントされています。子供っぽくならないレベルのポップなデザインが特徴です。

playwatchsw6 playwatchsw7

1.44インチのタッチパネルの反応はスムーズ。時計表示の盤面ではスワイプすると絵柄が切り替わり、タップすると時計のデジタル表示とアナログ表示を切り替えられます。高精細な写真を使った美しい盤面の絵柄は、デジタル15種、アナログ15種の計30種類。

playwatchsw8 playwatchsw9

子供のころ憧れたスパイの小道具のような、側面に取り付けられたカメラ。側面のシャッターボタンを押して撮影します。640×480ピクセルの静止画、320×240ピクセルまたは150×120ピクセルの動画が撮影可能。一般に、スマートウォッチはスマートフォンと組み合わせて使うから、カメラは搭載していませんよね。逆にスマートウォッチよりすごいかも。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会