ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

キッチンにぴったりな吊り下げ型空気清浄機「CEILI AiR」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
キッチンは、家の中で最も臭いがこもりやすい場所。料理の種類によっては、数日間臭気が取れないこともある。

常にきれいな空気をキープするには、空気清浄機が必要だ。しかし、従来の置き型では、狭い台所でスペースを確保するのは難しい。それなら、上から吊り下げたらどうだろうか。

・省スペースで空気をきれいに

韓国の工業デザイナー、Changho Lee氏が考案した「CEILI AiR」は、キッチン専用の空気清浄機。ライトのように天井から吊り下げる、スタイリッシュな次世代型エアーパフューマーだ。

超薄型の本品。表面は柔らかい布で覆われ、側面にはオーディオスピーカーのように、細かい穴が空いている。ろ過と除湿のため、周囲の空気を引き込めるよう、このような設計になっているらしい。

・照明としての役割も

本体にボタンはない。ユニットの操作はすべて、専用アプリを使用する。Lee氏いわく、本品は天井から吊り下げるタイプのため、ボタンをつけてしまうと、ユーザーに負担がかかってしまう。それで、あえてこのようなシステムにしたのだとか。

さらにこの「CEILI.AIR」。エアクリーナーとしてはもちろん、キッチン照明としての役割も果たす。底部にLED照明が施されているので、空気をきれいにしながら、台所仕事の補佐にも、貢献してくれるわけだ。

細部まで考えられているように見えるが、残念ながら、今のところはコンセプト段階。実現すれば、低コストかつ省スペースで、汚染物質を除去する手段になり得る。狭小住宅住いが大半を占める日本では、特に歓迎すべきアイテム。商品化が待ち遠しい。

CEILI.AIR/Changho Lee

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。