ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ヒューマンビートボックスのスキルを活用した「アニ文字声帯模写」が「アニ文字カラオケ」に続いて登場

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

商品なりサービスなり何かが話題になったりヒットしたりすると、必ず“似て非なるもの”が登場するのが世の常であります。デジタルやエンターテイメントの世界も例外ではありません。

「アニ文字カラオケ(#animojikaraoke)」が海外でブームの兆し [リンク]

ONE MAN DOES 12 ANIMOJI SOUNDS(YouTube)
https://youtu.be/D_Q-tn7yDvA

先日お伝えした「アニ文字カラオケ」に続けとばかりに、フィンランド人ビートボクサーのRudiRok氏が、自身の特技であるヒューマンビートボックスのスキルを活かして、アニ文字のキャラクターに合わせた声帯模写をした動画を『YouTube』で披露しています。

サル

ロボット

パンダ

エイリアン

うんこ

サルから始まりユニコーンまで、計11種類のアニ文字キャラクターに合わせて声を変えています。

ONE MAN DOES 30 ANIMAL SOUNDS(YouTube)
https://youtu.be/4EUobFfx-tU

同氏は以前にも30種類の動物の鳴き声を声帯模写しています。その動画が『YouTube』で再生された回数はなんと1000万回超え。今回は2匹目のどじょうを狙った動画なのでしょうが、狙い通りとなるかは今後のアニ文字文化の発展次第といったところでしょうか。現在、『iPhone X』のアニ文字のキャラクターは12種類しかないので、今後もっとアニ文字キャラが増えていけばそれだけ遊びの幅も広がっていきそうではあります。

※画像:『YouTube』から引用
https://www.youtube.com/watch?v=D_Q-tn7yDvA

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。