体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハウス食品・クリームシチューがお鍋にライバル宣言! 第2弾アクションは“ちゃんこ鍋屋に直談判”!?

2017年11月14日、東京都・神楽坂のちゃんこ鍋屋“ちゃんこ黒潮”にて、ハウス食品がプレス向け説明会&試食会を開催した。なぜちゃんこ鍋屋なのだろうか? 現在、ハウス食品は、『クリームシチューのライバル宣言~お鍋に、負けたくない。~』として、2017年冬のキャンペーンを実施している真っ最中。「冬に家庭で出てくると嬉しい料理」2位である「クリームシチュー」が、1位の「鍋」にライバル宣言を行うことで、クリームシチューを冬の料理の主役として認めてもらうため、3大アクションを実施するという本キャンペーン。

先週開始され、反響を呼んでいる第1弾アクションの『Twitterキャンペーン』に続き、謎のヴェールに包まれていた第2弾アクション『お鍋の専門店に直談判! クリームシチューを正式メニューとして提供』に関する情報が解禁されるとのことで、ガジェット通信も取材に行ってみた!

会場である“ちゃんこ黒潮”に到着すると、スクリーンには「ちゃんこ鍋屋に直談判! プレス説明会」という文字が表示されていた。どうやら“お鍋の専門店”は、“ちゃんこ鍋屋”に絞られたようだ。

プレス説明会が始まると、ハウス食品 食品事業二部長の宮戸洋之氏から、プロジェクトに関する詳細説明が行われた。

クリームシチューの商品シェアの約7割を占めるハウス食品だが、本キャンペーン実施背景として、商品売り上げの低下を挙げている。2011年以降、クリームシチューの商品売り上げが下がり続ける一方で、売り上げ低下の原因が中々わからなかったという。そんな中、同社は“真のメニュー課題を知る”活動を地道に続け、ついに2つのユーザーインサイトに辿り着いた。それは、「有職主婦の増加(時短調理希望者の増加)」と、「鍋つゆ・簡便調味料の競合増加」だ。

今まで、メーカー側は“主菜”として扱って来たクリームシチューだが、調査の結果、クリームシチューを“副菜”“汁物”として扱う家庭が増えて来ているということがわかった。家庭でクリームシチューのみを出した際、旦那や子供に「これだけ?」「肉は?」「どうやって白米食べるの?」と非難されるということを理由として、クリームシチューをメインの料理として扱わないという家庭が増えて来ているのだ。そこで、今回クリームシチューを“主菜”ポジションとして確立するため、本キャンペーンを開始したという。

現在実施中の第1弾アクション『1000名様にクリームシチューをお届け!Twitterキャンペーン』では、11月30日(木)17:00までの間、ハウス食品グループ公式『Twitter』アカウント(@housefoods_now)をフォローし、本キャンペーン対象ツイートをリツイートすると、抽選で1000名にハウス食品クリームシチューセットが当たる。当初、500名を予定していた本キャンペーンだが、好評につき急遽募集枠を1000名に増枠したという。

第1弾アクションとして公開されたウェブムービーも、動画内の斬新な設定と、秋元康プロデュース“劇団4ドル50セント”の湯川玲菜が主演を務めていることが話題を呼び、もう少しで100万回再生を達成するところ。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。