ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ランボルギーニのローマ教皇モデルがオークションへ 思わずひれ伏しそうになる神々しさ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

神の祝福を受けたスーパーカーが、サザビーズ・オークションに出品されることになりました。そのスーパーカーとは『ランボルギーニ・ウラカン』の“ローマ教皇モデル”。ランボルギーニがチャリティ用にとローマ教皇に寄贈した世界にたった1台の限定モデルです。バチカン市国の国旗をイメージした純白に金の縁取りの入った特別塗装は、ローマ教皇がまとう法衣のようにも見えます。こんな神々しいオーラを放つクルマがランボルギーニ・サウンドを奏でながら走ってきたら、思わずひれ伏してしまいそう。

11月15日にバチカンで開催された引き渡し式典には、フランシスコ教皇とランボルギーニのCEOが出席。フランシスコ教皇はボンネットに記名し、祈りを捧げました。同車は2018年5月に開催されるサザビーズ・オークションに出品される予定で、売上はアフリカなどで慈善活動を行う団体に寄付されるということです。

日本で買うと、通常2500万円は下らないスーパーカー。世界にたった1台、しかも教皇のサイン入りとなると値段は跳ね上がる。一体いくらで落札されるのか、想像もつかない……。

画像とソース引用:ランボルギーニ公式サイトより
https://www.lamborghini.com/en-en/news/automobili-lamborghini-donates-a-huracan-to-pope-francis-for-charity?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=TW_papa_2017_11_15[リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ろくす) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。