体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

羽多野 渉はジェキの楽曲がお気に入り!劇場版『Dance with Devils-Fortuna-』インタビュー[オタ女]

劇場版『Dance with Devils-Fortuna-』がシネ・リーブル池袋ほかで公開中。

『Dance with Devils』は、女性向けコンテンツメーカー・Rejetと音楽制作ブランド・Elements Gardenが初タッグを組み、ドラマティックな愛を描いたオリジナルの“ミュージカルアニメ”。2015年10月~12月にTVシリーズが放送され、劇場版では、TVシリーズからのカットに新作カットを加え、台詞はすべて新規収録! さらに新曲6曲を含む全15曲もの楽曲で物語を彩ります。

また、エンディングのあとには、“レムエピローグ”“リンドエピローグ”など各キャラクターごと6つのマルチエピローグ展開も用意。劇場内でのコール&レスポンス、ペンライトの使用やコスプレが可能な「アクマと詠う上映会」も実施されます。

今回は、リンド役として出演し、今作のエンディングテーマも担当している羽多野 渉さんにインタビュー。新録シーンについてや自身のアーティスト活動についても話を伺いました!

新規収録したことで見えてきた部分もあった

――ゲームやTVシリーズ、ドラマCDなど展開してきて、劇場版になったことについてお気持ちを教えてください。

羽多野:本当にお客さんが作品を愛してくださったおかげだと思います。スタッフサイドも、いろいろな遊び心を持ってこの作品を形にしているなと感じています。TVシリーズやゲームはそれぞれの良さがあって、ドラマCDも舞台もそれぞれの面白さがありますが、劇場版も監督さんたちの遊び心が満載だなと思いました。「どんな作品になるんだろう、楽しみだな」なんて思いながら収録させていただきましたね。

――劇場版は、ぎゅぎゅぎゅっと内容が詰まっていますね。

羽多野:そうですね。TVシリーズの裏ではこんなことがあったんだ、なんて場面もチラホラあって面白かったです。改めてすべて新規収録したことで見えてきた部分もたくさんありましたね。

――すべて新規収録し直して、見えてきた部分、感じたことは何でしょう?

羽多野:TVシリーズをエンディングまで迎えた上で、今回もう一度イチから戻ってアクマたちとのめぐり逢いから収録しているので、セリフの深さみたいなものは感じましたね。オリジナル作品なので、当時はストーリーの行き着く先がわからずにやっていたので。そういう意味では、なかなか普段の仕事にはない貴重な経験でした。

――劇場版のリンドの見どころを教えてください。

羽多野:すべてと言ったらすべてになってしまうんですけど、やはりミュージカルなので、音楽の中でストーリーの説明や感情の表現がされているというのも面白いところです。リンドのソロミュージカルシーンで、劇場予告映像にも出てくるバーのところで歌っているシーンがあるんですけど、あのネコと一緒に歌っているのはすごく嬉しかったですね。完成版を見たら、僕自身が飼っているネコを特別に描いて出演させてもらっていて……(笑)。答えを教えてもらったわけではないんですけど、あのたくさん出てくるネコの中に、うちのネコ(ムギ)にそっくりなネコがいたので、聞いてみたら「描きました」と言ってくださって。ありがたいなと思いました(笑)。

――そういった遊び心も散りばめられているんですね。

羽多野:出てくるネコには、スタッフさんたちが飼っているネコも何匹かいるらしいんですよ。スタッフさんたちはそうやって自分たちも楽しみつつ、愛をもって制作しているんだと知ることができました。

――まさに今お話に出たリンドのソロ楽曲は今回の劇場版での新曲のひとつですが、アクマやこれまでの経緯などを説明する、TVシリーズではなかった演出だったのでとても面白かったです!

1 2 3 4次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。