体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2.5次元の街秋葉原で感じた愛】Maison book girl和田輪の“アイドル上京ものがたり”【ツイッターで見た憧れの中野高円寺】

地方から東京に移り住んで、アイドルとして活動する女の子たちの東京やふるさとに対する思いや日常をうかがう「アイドル上京ものがたり」。今回は北海道旭川市出身Maison book girl・和田輪さんにお話をうかがいました。
 
年末にはZepp DiverCity TOKYOでのワンマン公演も控え、連日熱のあるステージを披露しているMaison book girl(通称ブクガ)。そのスタイリッシュなサウンドを彩る歌声、一見クールな表情からのこぼれるような笑顔、そして無条件に注がれるメガネ愛で知られる和田さん。北海道は札幌に近ければ東京の空気に触れることは比較的容易いことかもしれない。しかし旭川は札幌まで約140km。旭川生まれの少女が、どんな東京の風景に憧れ、どんな街に溶け込んでいったのか。

旭川のヴィレッジヴァンガードは焼肉屋になってしまいました

--和田さんは北海道旭川市出身だそうですが、すいません基本的なところから聞きたいんですけど、旭川って北海道で何番目に大きい街なんですか?

和田 大きさというか人口でいえば第2の都市なんですけど、街並がもうぜんぶイオンになっちゃって

--あー、人口第2位の都市でもそういう光景なんですね、もう。

和田 昔は今より駅前通りが栄えてて、ファッションビルのマルイさんとか西武とかがあったんですけど、それが今はぜんぶ潰れちゃって。でも当時も都会かっていうと、そういう都会ゾーンは30メートルくらいで、ちょっと出ると田んぼあったりとか、そういう感じでしたね。

--学生のころは街に遊びに行く子どもでした?

和田 うーん、高校のころとかはずっと学校に溜まってました。ちょっと進学校だったんで、みんなマジメで。もっと子供の頃は習い事ずっとやってたんですよ。ピアノをずっとやってて、あと少年少女合唱団とか。

--幼いころから音楽はやってたんですね。

和田 物心ついた頃からヤマハ音楽教室に入ってました。あとお父さんが楽器とか好きで、家にギターとか、なんかよくわかんない笛とかいっぱいあったんですよ。昔なんかやってたとかは知らないんですけどね。ギターもNHKのギター講座で習得したって言ってました。

--音楽はずっと身近にあったと。そんな和田さんは東京に対する憧れって子どものころありました?

和田 あったと思います。中学校か高校かおぼえてないんですけど、ツイッターが流行り始めたころかな。東京のサブカルとかアングラっぽい人たちが現実で会ってるのを見て、「私も東京に住んでたらな」って思った記憶はほんのりあります。高円寺とか中野方面の。

--中央線カルチャーな。そういう世界は何経由で知ったんですか?

和田 近所に住んでる友達で、小中大と一緒の子がいるんですけど、その子が美術系の一家だったんです。おばあちゃんが画家とかで。その子の影響ですね。

--旭川にはそういうカルチャーに触れる場所はなかった?

和田 なかったです。

--じゃあ札幌に行こう、って年齢や距離じゃないんですかね、旭川って。

和田 はい、中学生だとちょっときついです。往復5000円くらいで3時間かかるんで。昔は旭川にヴィレッジヴァンガードのフランチャイズ店があって、そこが唯一のサブカルの砦で当時は友達とふたりで行ってました。今焼肉屋さんになってしまったんですけど……

--サブカルの敗北ですね(笑)。

--見たいもの、知りたいものが近場にないとネット中心になりますよね。

1 2 3 4 5 6 7次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。