体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「本当の事はみんな物語の中に存在しているんだ」 紫式部がストーリーに込めたメッセージとは? 物語に学ぶ理想の女の子の育て方 ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

雨の日はエンタメに限る!平安時代の梅雨の過ごし方

端午の節句のあとは長梅雨。ちっとも晴れ間がないので、六条院の女性方は皆、暇つぶしに絵を描いたり、物語を読んだり、書き写したりして過ごしています。明石の上はセンスを活かし、素敵な物語を仕立ててちい姫にプレゼント。本当なら一緒に読んだりしたいでしょうね。

玉鬘も物語に夢中になっていました。今のように全国の書店で発売ということがない時代、九州で入手できた物語には限りがあったのです。幸い、六条院には豊富な蔵書があったので、それを字や絵が上手な女房に手伝ってもらいつつ、夢中になって読んだり写したりしていました。今の私達がDVDや漫画や本にお世話になるのと同様、天気の悪い日の娯楽として、こんなことしていたんですね。

「物語にこそ真実がある」作者が込めた真のメッセージ

物語にはいろいろなお姫様が出てきます。『住吉物語』のヒロインが、野卑な男に迫られるシーンでは大夫の監を思い出し、思わず共感。それにしても自分のような境遇のヒロインはいないみたい……。と思っていると、源氏がやってきました。

「やれやれ、ここもか。女というのはわざわざ騙されるために生まれてきたらしい。嘘八百の話にうつつを抜かして、この蒸し暑いのに部屋中を本だらけにして、髪の乱れも構わず、必死に書き写しているんだからね」と、笑います。

「でもこういうエンタメがなければ、退屈で仕方がないのも事実だ。フィクションだとは知りつつも、可憐なヒロインが物思いに沈んでいる様子を見ると、やっぱりキュンとするよ。

この頃、ちい姫に女房が読み聞かせをしているが、聞いていると世の中にはなんと作り話の上手い人がいるのかと感心するね。きっと作者は普段からウソを言い慣れているんだろう。そう思わないか?」

「ウソが上手な方はそう思われるのでしょうが、私はただただ本当のことにしか思えません」と、玉鬘は硯を脇へのけます。

「せっかく夢中になっているのにディスって悪かったね。『日本書紀』は我が国の正史で、神代からの出来事をまとめたものだそうだが、そこに書いてあることは、真実のほんの一面にしか過ぎない。本当の事はみんな、物語の中に存在しているんだ。

この世に生きる人の喜びや悲しみ、いいことも悪いことも含めた普遍的な想い……それを誰かに伝えたいと思った人が、きっと物語を作ったんだろうな。

中国の物語は作風が異なるし、国内の物語も今と昔ではかなり違う。何にしても、“フィクションだから、全部作り話だから”と、乱暴に片付けることはできない。

仏教でも”ウソも方便”と言う。仏教を学んでもその矛盾を指摘するような者は、真の悟りを理解できないだろう。突き詰めればウソもホントも、物語の善人と悪人の違いみたいなもの。どこに光を当てて物事を観るか、それだけなのだ。つまり全てにおいて無駄というのは存在しないんだね」。

源氏の台詞は全体にメタ的で、アイロニーに満ちています。表向きの歴史には決して書かれることがないけれど、自分が見て感じた、いろんな事を誰かに伝えたい……。その思いで書かれたこの『源氏物語』が、非常にリアルで心を打つからこそ、千年以上もあとの私達にも届くのですね。

源氏先生のご高説に、玉鬘も(なんだかスゴイ)と思ったのもつかの間、「ところで、お話には私のような、尽くしてバカを見るマヌケ男は出てきましたか? あなたみたいなすっとぼけな姫君もいないでしょう。さ、私達のお話を世にも珍しい物語として語り継いでもらおう」。セクハラタイムが始まった!

玉鬘は顔を引っ込めながら「物語じゃなくたって、こんなおかしなことは世間のウワサになってしまいます」。源氏はますますふざけて「そうだね。どんなお話にも書いていない、世にも珍しい2人の関係だよ」。彼女のきれいな髪をなでながら(遠慮なくおさわり)、迫る源氏。玉鬘は情けなさそうに「本当にこんなお父様はどこにも登場しませんでしたわ」

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy