ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Amazonが音声アシスタント『Alexa』対応スマートスピーカー『Amazon Echo』3製品を11月13日以降に出荷開始 定額制音楽配信サービスも発表

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Amazonが音声アシスタント『Alexa』対応スマートスピーカー『Amazon Echo』3製品を11月13日以降に出荷開始 定額制音楽配信サービスも発表

Amazon.co.jp(以下Amazon)は11月8日、クラウドベースの音声アシスタント『Amazon Alexa』対応のスマートスピーカー『Amazon Echo(以下『Echo』)の発表会を開催。『Echo』『Echo Plus』『Echo Dot』の3製品を招待制で販売を開始し、11月13日週から出荷開始することを発表しました。『Echo』の発売に合わせて、定額音楽配信サービス『Amazon Music Unlimited』を本日から開始することを発表しています。

amazonecho2

『Amazon Alexa』は、ユーザーが話しかけるだけで音楽の再生、ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、スポーツ結果の確認などができるクラウドベースの音声アシスタント。『Echo』は、『Alexa』に話しかける音声操作によりハンズフリー操作できるスマートスピーカーで、日本は米国、英国、ドイツ、インドに続く5か国目の提供となります。

amazonecho3

遠隔音声認識技術と7つのマイクアレイにより、部屋中の様々な場所から発した音声を明確に聞き取ることが可能。それぞれのマイクの音声を合成するビームフォーミング技術により、ノイズや反響音、音声指示以外の話し声を抑制できるのも特徴です。

amazonecho4

発表会では

「今何時?」
「今日の予定教えて」
「週末の新宿の天気は?」
「最新ニュースお教えて」
「歌を歌って」

など、音声操作でできることを実演しました。発表会の模様は後述する動画でご覧ください。

amazonecho5

『Amazon Web Services』を活用したクラウドコンピューティングとマシンラーニングにより、自然言語処理を実現。「アレクサ、のど飴を買い物リストに追加して」と話しかけると、同音異義語の「雨」ではなく「飴」であるということをコンテクストに沿って理解します。

amazonecho6

日本向けにお正月など日本の文化、プロ野球、Jリーグといったスポーツの知識、日本で使われる単位などの知識も備えています。デモでは「9月場所の結果を教えて」と聞いたところ、力士の名前や決まり手なども流暢に答えていました。

amazonecho7 amazonecho8

開発者が独自にAlexaスキル(機能)を作成できる『Alexa Skills Kit(ASK)』を利用して、国内向けの様々なスキルが開発されています。発表会当日には265種類のスキル提供が発表され、発表会のデモでは『全国タクシー』『アルクの英語クイズ』『駅しりとり』など、その一部が紹介されました。

amazonecho9 amazonecho10

ハードウェアメーカー向けにAlexa対応製品を開発可能にする『Alexa Voice Service(AVS)』を利用して、国内向けにはアンカー・ジャパン、HTC、オンキヨー、ハーマンインターナショナルなどの企業がAlexa対応製品の発売を予定しています。

amazonecho11

今回発売されるスマートスピーカーは3製品。『Echo』は遠隔音声認識技術とDolbyプロセッシング、360°全方位対応のスピーカーを搭載する製品で、価格は1万1980円(税込み)。プライム会員は11月17日23時59分まで4000円引きの7980円(税込み)で購入できます。カラーバリエーションは、サンドストーン、ヘザーグレー、チャコールの3色。

amazonecho12

『Echo Dot』はコンパクトサイズの製品で、内蔵スピーカーを利用できるほか、Bluetoothや3.5mmステレオケーブルを使って手持ちのオーディオ機器に接続して使えるのが特徴。価格は5980円(税込み)で、プライム会員は11月17日23時59分まで2000円引きの3980円(税込み)で購入できます。本体カラーはブラックとホワイトの2色。

amazonecho13

『Echo Plus』は、『Echo』の機能に、スマートホームハブの機能を統合した製品。音声操作で部屋の中の対応機器を探したり、設定を行うことが可能。本体カラーはシルバー、ホワイト、ブラックの3色で、価格は1万7980円(税込み)。購入キャンペーンとして、スマート電球『Philips Hue』が1個、追加費用なしで購入できます。

3製品とも購入は招待制で、Amazonから招待状をリクエストして招待状経由で購入ができます。出荷開始時期は11月13日から順次。

amazonecho14 amazonecho15

『Echo』の利用時に中心的な用途になりそうなのが音楽の再生。『Echo』の発売に合わせて、定額音楽配信サービス『Amazon Music Unlimited』の11月8日からの提供開始が発表されました。iOS/Androidスマートフォン、タブレット、パソコン、『Fire』タブレット、『Fire TV』に加えて『Echo』『Echo Plus』『Echo Dot』で利用可能な音楽聞き放題サービスで、4000万曲以上の楽曲と数百のプレイリスト、カスタマイズされたラジオが利用可能。

『Echo』から利用する場合、「〇〇をかけて」と曲名やアーティスト名で楽曲が再生できるほか、「この曲名は何?」「この曲のアルバムは何?」など、楽曲に関する情報を調べることが可能。年代やジャンルで指定したり、「ハッピーな曲をかけて」など気分に応じたプレイリストの再生にも対応します。

amazonecho16

料金は、個人プランが月額980円。プライム会員は月額780円か年額7800円を選択できます。家族最大6名まで登録可能なファミリープランは月額1480円で、プライム会員向けには年額1万4800円。『Echo』所有者には、月額380円の『Echo』プランを提供します。『Echo』プランでは、他デバイスで利用する場合には通常プランへのアップグレードが必要。30日間の無料体験が可能で、『Echo』を購入して『Echo』から無料体験に申し込むと、個人プランに使えるクーポン最大2940円分をプレゼントするキャンペーンも実施するとのこと。

発表会のプレゼンテーションとデモは、動画でご覧いただけます。

【ノーカット】『Alexa』対応のスマートスピーカー『Amazon Echo』発表会(YouTube)
https://youtu.be/CiRbALnLh4M

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。