体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Amazonが音声アシスタント『Alexa』対応スマートスピーカー『Amazon Echo』3製品を11月13日以降に出荷開始 定額制音楽配信サービスも発表

Amazonが音声アシスタント『Alexa』対応スマートスピーカー『Amazon Echo』3製品を11月13日以降に出荷開始 定額制音楽配信サービスも発表

Amazon.co.jp(以下Amazon)は11月8日、クラウドベースの音声アシスタント『Amazon Alexa』対応のスマートスピーカー『Amazon Echo(以下『Echo』)の発表会を開催。『Echo』『Echo Plus』『Echo Dot』の3製品を招待制で販売を開始し、11月13日週から出荷開始することを発表しました。『Echo』の発売に合わせて、定額音楽配信サービス『Amazon Music Unlimited』を本日から開始することを発表しています。

amazonecho2

『Amazon Alexa』は、ユーザーが話しかけるだけで音楽の再生、ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、スポーツ結果の確認などができるクラウドベースの音声アシスタント。『Echo』は、『Alexa』に話しかける音声操作によりハンズフリー操作できるスマートスピーカーで、日本は米国、英国、ドイツ、インドに続く5か国目の提供となります。

amazonecho3

遠隔音声認識技術と7つのマイクアレイにより、部屋中の様々な場所から発した音声を明確に聞き取ることが可能。それぞれのマイクの音声を合成するビームフォーミング技術により、ノイズや反響音、音声指示以外の話し声を抑制できるのも特徴です。

amazonecho4

発表会では

「今何時?」
「今日の予定教えて」
「週末の新宿の天気は?」
「最新ニュースお教えて」
「歌を歌って」

など、音声操作でできることを実演しました。発表会の模様は後述する動画でご覧ください。

amazonecho5

『Amazon Web Services』を活用したクラウドコンピューティングとマシンラーニングにより、自然言語処理を実現。「アレクサ、のど飴を買い物リストに追加して」と話しかけると、同音異義語の「雨」ではなく「飴」であるということをコンテクストに沿って理解します。

amazonecho6

日本向けにお正月など日本の文化、プロ野球、Jリーグといったスポーツの知識、日本で使われる単位などの知識も備えています。デモでは「9月場所の結果を教えて」と聞いたところ、力士の名前や決まり手なども流暢に答えていました。

amazonecho7 amazonecho8

開発者が独自にAlexaスキル(機能)を作成できる『Alexa Skills Kit(ASK)』を利用して、国内向けの様々なスキルが開発されています。発表会当日には265種類のスキル提供が発表され、発表会のデモでは『全国タクシー』『アルクの英語クイズ』『駅しりとり』など、その一部が紹介されました。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。