体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」

img_9963

現在大ヒット上映中の映画『ブレードランナー 2049』。伝説的SF映画『ブレードランナー』から35年、『メッセージ』等で知られるドゥニ・ビルヌーブ監督により、クールに新しく描かれた本作はSFファンのみならず多くの映画好きに支持されています。

主人公Kを演じるライアン・ゴズリング、前作に引き続きデッカードを演じるハリソン・フォードと共に映画を盛り上げているのが、アナ・デ・アルマスとシルヴィア・フークスの2人。ガジェット通信では美女2人を直撃! 映画について、お互いをリスペクトする点について色々とお話を伺ってきました。

ブレードランナー 2049

アナ・デ・アルマス演じるジョイ。孤独なブレードランナーKが唯一心を許せる存在。

ブレードランナー 2049

シルヴィア・フークス演じるラヴは、美しく強く無慈悲なレプリカント。

img_9958

――(楽しそうに話す2人を見て)お2人、本当に仲良しなんですね! お互いの印象について教えていただけますか?

シルヴィア:アナはとにかく人を引きつけるの。皆がアナを好きになるのは、アナが人のことが好きだからでしょうね。性格がとても興味深くあたたかいし、彼女が誰かを見ると視線だけで惚れてしまうような魅力を持っている。表情もキラキラしていて、まさに「ジョイ」みたいな女性なの。

アナ:(照れ笑いしながら)シルヴィアはセクシー。そして努力家で私の理想なの! この映画では、いつもの自分の習慣を変えてトレーニングをしていて、作品のために自分の全部を捧げた。誰にでも出来ることではないです。きちんと心の強さを持っていて、本当に私の理想です。

――アナさんがおっしゃるとおり、ラヴのアクションはすごくハードでした。相当なトレーニングをしたのではないでしょうか。

シルヴィア:1日6時間のワークアウトを、1週間のうち6日間続けました。撮影中も筋力が落ちないよう1日2時間トレーニングをして、体重は筋肉がついて7キロ増えました。撮影最終日には「もう、終わり!!!」って感じでワークアウトを止めたの(笑)。

アナ:(爆笑)分かるわ! その終わった瞬間に解放される感じね。

img_9925

シルヴィア・フークス

img_9950

アナ・デ・アルマス

――『ブレードランナー』は35年前の作品ということもあり、40代、50代の“ブレードランナー世代”なるアツいファンの皆さんもいらっしゃいますが、若い世代のお2人が『ブレードランナー』の世界に飛び込んでみての感想はいかがでしょうか。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy