ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」

%e2%98%86%e3%82%ac%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%83%e3%83%88%e9%80%9a%e4%bf%a1%e6%a7%98r_aaa0508

SF映画史上最高傑作として、今なお語り継がれる『ブレードランナー』 (82)。その続編『ブレードランナー 2049』が現在大ヒット上映中。気候変動が起き居住不可能となったロサンゼルスを舞台に、人間とレプリカント(人造人間)との戦いや愛を描いたSF作品です。

1982年に公開されカルト的な人気を誇る映画『ブレードランナー』の30年後を描いた本作。“ブレードランナー”Kを演じるライアン・ゴズリングをはじめ、ジャレッド・レト、アナ・デ・アルマスら豪華俳優陣が集結しています。そしてオリジナルと同じくブレードランナーのリック・デッカードを演じているのが、ハリソン・フォード。物語の鍵を握り、“ブレードランナ ー”Kと対峙していく姿は、ブレランファン必見。

今回、ガジェット通信では9年ぶりの来日を果たしたハリソン・フォード氏にインタビューを敢行! 色々とお話を伺ってきました。

%e6%b1%8e%e7%94%a8r_aaa0528

――本作、大変楽しく拝見させていただきました。劇中ではバトルのシーンも多く、特に水に入ってのシーンは壮絶でしたが、撮影はどの様にされたのですか?

ハリソン・フォード:水に入ったんだよ(笑)。撮影は何週間もあって、一週間やって家に一度帰りまだ戻って撮影するという感じだった。もちろん楽じゃないですよ。でも本当の仕事よりは、楽ですよ。俳優の仕事は色々と楽しいことも出来るしね。毎日オフィスに行くなんて、僕は耐えられないから(笑)。

――体当たりで演技するご苦労もありそうですが、俳優業は楽しいと。

ハリソン・フォード:水に入るシーンも、実はタフとも言えないシーンかもしれない。だって、水は温かく、スタッフが何度もテストしてくれて、ウェットスーツも着れるし、終わった後にはすぐお風呂に入れる。僕は甘やかされて撮ってるんですよ。

――本作には、レイチェルとデッカードの“その後”が出てくるのですが、2人の今の状態というのはハリソンさんの望んでる未来と近かったでしょうか。

ハリソン・フォード:違うと思います。というよりも、レイチェルとデッカードは未来のことなんて考えるわけがないんだ。毎日毎日を必死に過ごしてるわけで、未来のことまで考えてるはずがない。我々普通の人間は子供が産めるから、未来の事を考える。後は今みじめな生活なら成功したいとか、未来の事考えますよね。これがダメだと思ったらこっちに変えるっていう、チョイスの自由もありますよね。でもブレードランナーの世界では、自由はない。

――35年ぶりの同じ役を演じられて、ご自身の中で考え方が変わった部分はありますか?

ハリソン・フォード:何もないです。私はストーリー語りのアシスタントです。私はストーリー語りの、物語の、ただアシスタントにすぎませんから。1つのシーンをお客さんに理解してもらうことが責任です。その姿勢は変わりませんから、昔とも変わりません。

――演じる部分では何も変わらない、とおっしゃいましたが、テクノロジーの進化の部分で感じられたことはありますでしょうか。

ハリソン・フォード:テクノロジーって毎日毎日進化してるわけですけど、僕は技術的なことに関心はなくて、キャラクターとキャラクターの関係に俳優として興味を注いでいます。テクノロジーが進んで、ヴィジュアルでストーリーを語れるってことができましたよね。例えばウォレスのキャラクターは、グリーンスクリーンでの表現があるからこそ、能力があって、金持ちで、何でも自由にできる男って理解しますよね。とても俳優として助けになる。ヴィジュアルが物語を語ってくれる部分が非常に大きいのです。それは俳優を助けることでもありますから、とても評価しています。

――ズバリ『ブレードランナー』はハリソンさんのキャリアにどの様な影響を与えましたか?

ハリソン・フォード:そういうことは考えません。関心がない。観客の為に映画を作っているのだから、自分にとってどうこうというのは考えません。靴屋と同じです。ステッチの一つ一つが長持ちする様に丁寧に作り、お客さんに渡すでしょ。自分はただ靴をつくればいいってだけ。それと同じです。

――素晴らしいお言葉ありがとうございます……。ハリソンさんは長年第一線で活躍し続けていますが、その秘訣はどんなところにありますか?

ハリソン・フォード:仕事は好きなんだよ。役に立ちたい。チャレンジが好き。新しい事をとやりたいなと思うと、色々な事を考えないといけない。そういうことに関与しなくなってくると、人間は年を取るわけです。年を取るってそういうこと。

――今日は貴重なお話をどうもありがとうございました!

ブレードランナー 2049 ブレードランナー 2049

【ストーリー】
2049年、貧困と病気が蔓延するカリフォルニア。人間と見分けのつかない《レプリカント》が労働力として製造され、人間社会と危うい共存関係を保っていた。危険な《レプリカント》を取り締まる捜査官は《ブレードランナー》と呼ばれ、2つの社会の均衡と秩序を守っていた―。
LA市警のブレードランナー“K”(R・ゴズリング)は、ある事件の捜査中に、《レプリカント》開発に力を注ぐウォレス社の【巨大な陰謀】を知ると共に、その闇を暴く鍵となる男にたどり着く。彼は、かつて優秀なブレードランナーとして活躍していたが、ある女性レプリカントと共に忽然と姿を消し、30年間行方不明になっていた男、デッカード(H・フォード)だった。いったい彼は何を知ってしまったのか?デッカードが命をかけて守り続けてきた〈秘密〉―人間と《レプリカント》、2つの世界の秩序を崩壊させ、人類存亡に関わる〈真実〉が今、明かされようとしている。

http://www.bladerunner2049.jp

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy