ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

見事な書で「大してインスタ映えもしないので写真撮影は御遠慮下さい」 台東区立書道博物館の注意書きが脚光を浴びる

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
shodo_museum_01

洋画家でもあり書道家でもある中村不折(1866-1943)が私財を投じて建てられたという起源を持つ台東区立書道博物館。この博物館の撮影禁止の注意書きの文章が面白いということを、『三省堂国語辞典』編集委員の飯間浩明氏(@IIMA_Hiroaki)がツイートして話題となっています。


台東区・書道博物館で、「撮影禁止」などの注意書きが、どれもニヤッとさせる文言で面白い。何しろ撮影禁止エリアなので、超いい加減な模写をお目にかけます。原物はよっぽどユーモアのある書家の方が書いたと思われます。

撮影禁止なので、メモ用紙に模写して自宅で清書したという飯間氏の書。「大してインスタ映えもしないので」「写真撮影は御遠慮下さい」という内容もユニークですが、飯間氏の模写も見事。「なるほど、模写は禁止されていませんね」とその機知に対する賞賛の声も上がっていました。

実際の書道博物館の標語は、公式『Twitter』(@shodo_museum)の画像にチラッと写り込んでいます。


ご好評を頂いております書道博物館企画展「あの人、こんな字!―歴史上の人物たち―」中国編、本日より第4期展示となります。芸術の秋、教科書で学んだ有名人の字をぜひお楽しみ下さい。

おそらく中村不折の書をインスパイアしたと思われる字ですが、実際に聞いたという人のツイートによると学芸員さんの手とのこと。「触ってもご利益はありません」といった手書きの注意書きや案内も見所で、向かいには正岡子規(1867-1902)の邸宅があるという文化的な立地。書道に関心のある人ならば、一度は訪れてみると楽しめるのではないでしょうか。

台東区立書道博物館
http://www.taitocity.net/zaidan/shodou/ [リンク]

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/IIMA_Hiroaki/status/927494669843423232 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。