体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

CX-8だけじゃない! 中古車で買える3列シートのSUVに注目!

▲ミニバンから脱し、3列目シートを採用したSUVを市場へ投入するマツダ。CX-8は3列目にも大人が乗れる居住空間がウリになっています

▲ミニバンから脱し、3列目シートを採用したSUVを市場へ投入するマツダ。CX-8は3列目にも大人が乗れる居住空間がウリになっています

実は3列シートのSUVは新しいジャンルではないんです

2017年9月に発表され、12月から発売がスタートするマツダ CX-8。SKYACTIV技術を採用し、人気のクリーンディーゼルエンジンを搭載するSUVです。これまでにない最大の特長は、パッケージングを工夫して大人がゆったり座れる3列シートを有していること。

本当はSUVに乗りたいのに、3列シートの有無でミニバンを選んでいた人にとって、CX-8の登場は車選びの楽しみを広げてくれる吉報! 中古車狙いの人は、CX-8の中古車が市場に出てくるのが楽しみで仕方ないのでは? おそらく2018年夏ごろからぽつぽつ出てくるはず。

意外に知られていませんが、3列目シートを搭載するSUVはCX-8が初めてではありません。しかも、その多くは中古車で選ぶことができるんです! 最後列まで空間にゆとりをもたせたトヨタ エスティマやホンダ オデッセイのようなLクラスミニバンなどのように3列目でも大人がゆったり長距離移動という使い方は難しいかもしれません。ですが、例えば親戚が遊びに来たときに食事に出かける、友人との旅行やキャンプで温泉まで車1台で出かけるなど、近距離移動なら十分対応できます。

ホンダ クロスロード(2代目)--スモールミニバンをベースに開発された7人乗りSUV

▲ミニバンのストリームをベースに開発されたクロスロード。3列目シートはストリームと同じコンセプトで作られています

▲ミニバンのストリームをベースに開発されたクロスロード。3列目シートはストリームと同じコンセプトで作られています

1.8L、2Lエンジンを搭載するスモールミニバンの2代目ストリームをベースに開発された3列シートSUV。ボディサイズは全長4285mm×全幅1755mm×全高1670mmとSUVとしてはコンパクトです。3列目に大人が座ることもできますが、ゆったりとはいきません。

そんなクロスロードの魅力は直線基調のスクエアボディにあります。流線形のデザインの車が多い中で、武骨ささえ感じるデザインはデビューから10年経った現在、逆に新鮮さを感じます。また、クロスロードはカスタムのベース車としても注目され始めています。

ある程度年式が経過しているので走行距離はそれなりに多くなっていますが、中古車の平均価格は96.5万円。総額130万円以内で買えるものが全体の8割以上を占めます。流通量もまずまずあるので、少なめの予算でSUVを買いたい人にもオススメです!

中古車価格帯:40万~190万円

流通量:約170台

▲3列目シートの座面はフラットですが、短時間の移動なら大人でも十分座れます

▲3列目シートの座面はフラットですが、短時間の移動なら大人でも十分座れます

三菱 アウトランダー(現行型)--7人乗りのガソリンモデルならお得に手に入る

▲アウトランダーPHEVとガソリンモデルはグリル形状が異なります。ガソリンモデルは全グレード3列シートに

▲アウトランダーPHEVとガソリンモデルはグリル形状が異なります。ガソリンモデルは全グレード3列シートに

4WDシステムに定評のある三菱。アウトランダーにはECOモード付きの電子制御4WDが搭載され、デビューイヤーとなる2012年式の2.4L 4WD車はJC08モード14.6km/Lとなっています。

1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会