ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

幻想的でうっとり! タイで人気の秋祭りを紹介

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

幻想的でうっとり! タイで人気の秋祭りを紹介
J-WAVEの番組「ACROSS THE SKY」(ナビゲーター:玄理)のワンコーナー「WORLD CONNECTORS」。10月29日(日)のオンエアではタイを中心にアジアの魅力を発信しているライターで編集者の室橋裕和さんに「タイの魅力」についてお聞きしました。

1年を通して最高気温は30℃から35℃。首都バンコクは、東南アジアのハブとして機能する国際都市です。12月には日本、韓国、シンガポールに次ぎ、アジアで6カ国目の『ミシュランガイド バンコク版』が発売されるなど、経済、文化、教育、観光と進化を続け、世界中から熱い視線が注がれています。

タイでは11月の満月の夜を中心に「ロイクラトン」というお祭りが開催されるそうです。2017年は11月3日。これは、秋の収穫に対する感謝のお祭りとして開催されるそうで、「クラトン」と呼ばれる灯籠を水に流して、川の女神様に感謝を捧げるというもの。

「クラトン」は紙やバナナの葉などを組み合わせて形作った灯籠で、サイズは手のひらくらいから30cmくらいまであるのだとか。完成した「クラトン」は川や公園の池などに放たれるそうですが、ときには子ども用のプールに浮かべる人もいるそうです。

現在、「ロイクラトン」は日本でいうバレンタインデーのような恋人の日でもあるそうで、室橋さんもタイに住んでいたときは恋人と灯籠を流したのだとか。

また、タイ全土で開催される「ロイクラトン」は地域ごとに特色があるそうで、室橋さんは「有名な例として、タイ北部のチェンマイでは、灯籠流しもありますが、『コムロイ』と呼ばれる熱気球を空に飛ばすイベントがあります。数千個の熱気球が夜空を埋め尽くす光景はとても幻想的で、ツアーなどで大人気なイベントなんです」と説明してくれました。

玄理は「私も一度は行ってみたいんですよね…」と、幻想的な「コムロイ」に憧れを抱いていました。たくさんの観光客が訪れるタイの「ロイクラトン」。みなさんも訪れてみてはいかがでしょうか。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ACROSS THE SKY」
放送日時:毎週日曜 9時−12時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/acrossthesky/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。