体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トラブルメーカーを「やる気」にさせる接し方ーー“世界の紛争の最前線”で戦う26歳・永井陽右氏の仕事論

世界の紛争の最前線で戦う日本の若者がいる。永井陽右26歳。

大学1年時からソマリアを救うための団体を立ち上げ、ソマリア人の若者ギャングの社会復帰プロジェクトを開始。卒業後はソマリア紛争の最前線に立ち、国連やアフリカ連合とともに、「カウンターテロリズム」と「武装解除」に取り組んできた。現在はソマリアだけではなく、ケニア、ナイジェリア、新疆ウイグル自治区などでテロ根絶と紛争解決に尽力している。

なぜ彼は日本とは縁もゆかりもない紛争地のテロ根絶に命を賭けるのか。世界平和に懸ける思いとは──。これまでの人生を振り返りつつ永井氏を駆り立てるものに迫った。

f:id:k_kushida:20171030101357j:plain

【プロフィール】

永井陽右(ながい ようすけ)

1991年、神奈川県生まれ。高校卒業後、一浪して早稲田大学教育学部複合文化学科入学。1年生の時に「日本ソマリア青年機構」を創設。「学生だからできること」を標榜し、2013年、ソマリア人若者ギャングの社会復帰プロジェクト「Movement with Gangsters」を開始。これまで数多くのギャングを更生、社会復帰させてきた。大学卒業後はロンドン・スクール・オブ・エコノミクス修士課程入学し、紛争解決について学ぶ。2016年9月に卒業後はソマリア紛争の最前線に立ち、国連とアフリカ連合とともに、「カウンターテロリズム」と「武装解除」の2つの手法で、紛争の主要因となっているアルシャバーブの戦力をそぐ活動に従事。2017年4月、団体名を「NPO法人アクセプト・インターナショナル」に改称。テロ根絶と紛争解決に尽力している。若者のテロ組織への加入を食い止めるため、国連人間居住計画(UN-Habitat)のアーバン・ユース・ファンドのメンターとしても活動中。著書に『僕らはソマリアギャングと夢を語る─「テロリストではない未来」をつくる挑戦』(英治出版)、『ぼくは13歳、任務は自爆テロ。:テロと戦争をなくすために必要なこと』(合同出版)などがある。

NPO法人アクセプト・インターナショナル https://www.accept-international.org/

前回(第2回)では、ソマリアギャングを取り込んで社会復帰させるプログラム「Movement with Gangsters」を立ち上げた経緯についてお伝えしました。今回はプログラムの進め方や成果について、具体的に語っていただきます。

ギャングとの接し方

f:id:k_kushida:20171017170955j:plain

▲ギャングと話をする永井氏

──どういうふうにして彼らに接するのですか?

基本的に社会から弾かれているやつらなので、上から頭ごなしに「ギャングは犯罪だからやめろ」などと説教しても聞く耳をもってくれないどころか反発してきます。だからまずは彼らの存在を受け入れて同じ若者として同じ目線に立って話すということを徹底しました。

──具体的にはどうやるんですか?

開口一番、国連と政府の批判をするんですよ。彼らも好き好んでギャングやテロリストになったわけじゃなくて、貧困だったりテロで両親を殺されたり、いろんな理由があります。それらの責任を政府や国連に転嫁してるんです。もちろんそれだけではないのはわかりきっているのですが、反論してもケンカになるだけなので、彼らに寄り添って「国連と政府がクソだから君たちはギャングにならざるをえなかったし、国も荒廃したんだよね」と語りかけるんです。そうすると「そうだそうだ、お前らわかってるな」と喜ぶんです。また、「俺たちにレッテルを貼ってこなかったのはお前らが初めてだ」とか「初めて受け入れられた」とすごくうれしい様子でした。

1 2 3 4次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会