ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

「人生の夢にバイトは必須のアイテム」 アナウンサー/MC/DJ・南隼人の原点

  • ガジェット通信 GetNewsを≫
minami_01 南隼人さん

横浜DeNAベイスターズのスタジアムDJを務め、現在FMヨコハマのラジオDJ、Rakuten.FM TOHOKUの実況パーソナリティー、Bリーグアルバルク東京のアリーナMC、アメフトのノジマ相模原ライズでも演出プロデュースなど、“しゃべり”を武器に多方面にわたって活躍されている、南隼人さん(34歳)。何もないところから進むべき道を切り拓いた彼にとって「人生において必要不可欠な存在」というアルバイトとは?

 

スタジアムDJの存在を知ったオーストラリア留学

南隼人さん

――南さんは、2012年から2015年まで横浜DeNAベイスターズのスタジアムDJを務めていらっしゃいましたが、スタジアムDJを志したきっかけは?

僕が学生の当時は野球場のアナウンスと言えばウグイス嬢が全盛で、男性のスタジアムDJという概念はなかったんです。だから、最初に志したのはラジオDJでした。僕はもともとしゃべることが大好きで、大学時代にホテルの配膳のバイト仲間とカラオケに行くと、曲と曲の合間を埋めるためにずっと喋りで繋いでいたんです。それが面白いと評判になって、結婚式の司会も任されることもありました(笑)。それで先輩から「しゃべりは上手いし、クラブ音楽も好きだし、ラジオDJとかいいんじゃない?」と勧められて、そこからですね。ラジオDJって英語をしゃべるイメージがあったので、大学を休学してオーストラリアへ留学したんです。

――オーストラリア留学中も現地でバイトをされていたそうですね。

とにかく英語がしゃべりたかったので、現地の飲食店でバイトをしながら生の語学を肌で感じ取ろうとしていました。でも語学以上の衝撃があったんです。留学先に野球の日本人だけのリーグがあってそこでプレーしていたんですけど、2004年にニューカレドニア世界親善野球日本代表選手兼親善大使に選んでもらい開催地のニューカレドニアに行ったんです。そのグラウンドの横には櫓があって、中にはターンテーブルが2台とマイク。TRFのDJ KOOスタイルのDJブースです(笑)。試合になるとDJの人が司会をやりながら、イニング間に曲をかけたり、ファールボールが飛んだら「ドゥルルルル、パリーン」なんてガラスが割れる効果音を流すんです。

もう衝撃的すぎて、プレーどころじゃない。当時、オリックスではDJ KIMURAさんがすでにスタジアムDJをやっていたんですけど、僕は不勉強だったので知らずに「野球でもDJができるんだ!これを日本に持って帰ってやる」って、試合中もずっとそのDJの行動に注視していました。

 

野球界入りのチャンスを求めてグラウンド整備のバイトを開始

南隼人さん

――当時の日本ではまだ珍しかった“スタジアムDJ”になるために南さんはその後何をされたんですか?

大学を卒業してからあてもなく東京に出てきましたが、いきなりDJになれるわけもないので近い所に入ろうと、神宮球場のグラウンド整備とハワイアンレストランの2つのバイトを掛け持ちしました。神宮は狙い撃ちです。

当時、球場にDJを入れるという案があって、「それならその球場にいなきゃダメだろ」という考えです。ハワイアンレストランは、外国人のお客さんが多く英語を活かせる。さらに、そのお店には立派な音響機材があったのも魅力でした。店長に「30分番組つくらせてもらっていいですか?」ってお願いしたらOKが出て、夕方17時から18時の1時間だけハワイアンやレゲエの曲を流したり、「ハワイのロコモコってどういう意味か知っていますか?」みたいな豆知識を紹介したりする「アロハタイム ファイブ トゥ シックス」っていう番組名を自分でつけていましたね(笑)。

――直接の「なりたいもの」でなくとも、そこに少しでも近づこうとしたんですね。

そうです。ないものは自分でつくるしかないです。やりたいことはやったほうがいい。僕の場合は、闇雲にバイトするんじゃなくて、必ず最終目標に紐づけをしていました。バイトはお金を稼げるうえに勉強ができる最高の場所。全て最終目標にくっつけてやろう。くっつかないんだったら自分で作ればいい。だから他にもバイトはたくさんしましたが、面接では必ず「僕はラジオDJになりたいです」と言っていました。自分が何をしたいか伝えておけば、どこでどうつながるかわからないですから。

――ちなみに他にはどんなバイトをされたのですか?

オーディションを受けて冬はスキー場のDJ、夏は海の家のDJをやりました。あとは本格的なDJの仕事もやりたいと思ったので、クラブのバーテンダーのバイトもしました。そこに今J-WAVEで番組をやっているDJ TAROさんが、ゲストDJとして来る機会があったんです。これはチャンスだと店長やDJの人たちに「DJ TAROさんにボイスサンプルを渡したいんですけど、時間作ってもらえませんか?」ってお願いして、実現したんです。そうしたら、後日DJ TAROさんの事務所の方からお電話をいただき、研修生として事務所に入れてもらいました。

そこでラジオ番組のADの仕事を紹介してもらいます。2011年の夏ですね。FMヨコハマでやっていた海の家からの公開生放送。ADとしてだったんですが、その年は海の家でのDJもやっていたので、「毎日海にいるなら、朝のレポートしてみない?」と打診が来て、「MORNING STEPS」という番組で2週間、レポーターをやらせてもらえるようになったんです。

 

幸運を引き寄せたのは、アフロヘアだった!?

南隼人さん2010年当時の南さん。このアフロがチャンスを掴んでくれた

――ラジオDJへの夢を順調に歩み出した一方で、スタジアムDJへの道のりはどうだったんですか?

これもきっかけはバイトでした。メジャーリーグの翻訳をしている会社で翻訳ライターのアルバイトをはじめたんです。グラウンド整備のバイトをやっている時に、この会社が神宮球場の演出もやっているという情報を仕入れていました。演出のバイトではないけど、これも中に入っちゃえば何とでもなるだろうと思っていました(笑)。

それで翻訳のバイトを始めたんですけど……ぼくは当時アフロヘアで。ある日、仕事後にエレベーターを待っていたら、偉そうなおじさんが隣にいて「きみ、アフロヘアで何やってんだ? バンドやってるの?」と話し掛けて来たんです。「いや、僕はDJをやっていて、いつの日かスタジアムDJになりたいんですよ」って言ったら、「明日、スーツ着て来い!」って言われたんです。その方は神宮球場の演出プロデューサーでした。これはもう運としか言いようがない(笑)。

これがきっかけで、現在も東京ヤクルトスワローズのスタジアムDJをされている、パトリック・ユウさんのADになれたんです。そこから11年に群馬ダイヤモンドペガサスのスタジアムDJ。12年の2月には「MORNING STEPS」のDJにして、横浜ベイスターズのスタジアムDJをやっていた栗原治久さんから「南くん、一緒にスタジアムDJ をやらないか?」って誘っていただいて……本当に夢を見ているようでした。

――スタジアムDJになる目標を達成した南さんは今、何を目標にしているのですか?

2016年11月からWBCの間、侍ジャパンオフィシャルMCをさせていただきました。侍ジャパンは、12球団のトップ選手たちです。いまの目標は、侍ジャパンのスタジアムDJになること。2015年12月にベイスターズを退団してから離れてはいますが、スタジアムDJはいまでも憧れです。いま実況アナウンサーをやっているのは、もう1回スタジアムDJに戻るためという気持ちがメチャメチャあります。そして、いつかプロ野球殿堂に、という目標もあります。メジャーリーグでは実況の方が殿堂入りした例もあります。夢は大きく持つ。そして叶うまで言い続けます。

――最後に夢を持つ若い人にメッセージをお願いします。

僕は無理だと言われても、大きな夢を自分から「なります」と語ってきました。神宮のグラウンド整備をやりながら「僕はスタジアムDJになります」と言い続けていた時も、周りの人には「何言ってんだ」と笑われました。でもベイスターズのスタジアムDJをやっていた時、僕が働いていたグラウンド整備の会社が横浜スタジアムに来たんです。当時一緒に働いていた先輩たちにも再会して「おまえ、大きくなったな。本当にすごいやつだよ」と言ってくれて。……本当に嬉しかったです。

僕は、バイトにはただお金を稼ぐだけじゃない、やり方によっては夢につながる何かがあると思うんです。何もなければ自分から作ればいい。そういった積み重ねが、その後の人生に必ず活きてくる。「人生の夢にバイトは必須」僕はそう思っています。バイトには感謝しかありません。

南隼人さん

関連記事リンク(外部サイト)

アーティスト・マイケル(夜の本気ダンス) インタビュー 『1つの仕事が身につくまではある程度、続けてみることが大切』
オーストラリア人に聞く日本で働く・暮らすって?「日本では高い役職についている女性がほとんどいない。女性の可能性を十分に活かしてほしい」
インド人に聞く日本で働く・暮らすって?「ミスや否定は、新たな成長を得られるチャンスと捉えてほしい」

fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。