体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ボーノォッッ」と絶賛間違いなし! 『カンパリ』と『アペロール』を使ったカクテルを作ってみた

img_0088_dxo-30

忘年会にクリスマスパーティー、お正月……とこれからの季節、みなさんお酒やカクテルを飲まれる予定が多くなるのでは? アサヒビールは、2017年9月1日(金)よりイタリア・ミラノにある世界有数のリキュール・スピリッツ会社、カンパリ社が製造するリキュール『カンパリ』『アペロール』の、日本国内での販売をスタート。

img_9925_dxo-65

それに伴い、カンパリ社マネージングディレクター(マーケティング統括)アンドレ・ネリ氏を講師としてブランドセミナーを開催するというので、早速お酒好きの編集部スタッフが参加。

img_0169_dxo-50

パーティーシーズンにぴったりの華やかなリキュール、『カンパリ』や『アペロール』を使ったお家で簡単に楽しめるカクテル作りを習ってきましたので、ご紹介します。

“ハッピー”と“一緒に”ということが『アペロール』の価値

カンパリ社マネージングディレクター、アンドレ・ネリ氏が登壇。『カンパリ』と『アペロール』の歴史と世界的なマーケティング戦略について説明がされました。

img_9983_dxo-78

アンドレ・ネリ氏:『カンパリ』と『アペロール』のお話をさせていただきます。『アペロール』はイタリア本国でシンボルとなるようなアイコニックなもの。イタリアでは『アペロール』を使ったカクテル『アペロール スプリッツ』は、親しい友人や愛する人と一緒に楽しむものとなっています。

『アペロール』はカンパリグループが2003年に買収。プレミアムブランドのスピリットとして市場で成長を遂げました。2016年には6億杯の『アペロール スプリッツ』が消費されたとのこと。

img_9979_dxo-77

『カンパリ』の市場戦略は作りやすい簡単なカクテルを提案

img_9988_dxo-79

次にカンパリについて説明。

アンドレ・ネリ氏:『カンパリ』は、社名にもある通り、150年の歴史を持つドリンク。『カンパリ』を使ったカクテル『ネグローニ』はクラシックカクテルの王様。その昔、ネグローニ伯爵が「ソーダの代わりに違うものを入れたい」と、ジンを入れたところから始まりました。

img_9990_dxo-80

今回の『カンパリ』の市場戦略として、カンパリ社では

・プレミアムなクラシックカクテル
・作りやすいシンプルな新しいカクテル

2方向で提案。「カジュアルなバーやエレガントなバーで楽しむのはもちろん、ご自宅で作れるものなのでご自身で作って味わっていただければ」と語っていました。

1 2 3次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。