体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SmokingWOLF氏によるゲーム開発書籍「ゲーム開発者の地図 ~20年の個人開発から学んだこと~」Kindleで発売

ゲーム

『シルフェイド』シリーズや強制横スクロールRPG『片道勇者』、RPG制作ツール「WOLF RPGエディター」などの作者として知られるゲーム開発者のSmokingWOLF氏(SilverSecond)は27日、ゲーム開発書籍「ゲーム開発者の地図 ~20年の個人開発から学んだこと~」をKindleの電子書籍として発売した。価格は1,080円で、月額制の読み放題サービスKindle Unlimitedにも対応している。
map-of-game-developer-cover

「ゲーム開発者の地図 ~20年の個人開発から学んだこと~」表紙

同氏が20年にわたる個人開発の経験から学んだゲームを開発する際の意図や考え方、効果的だと考えている手段の数々について記した書籍。サイトに掲載している開発日誌の中からゲーム開発に関わる記事を抜粋、加筆、再編したもので、「ゲームバランス編」と「メイキング編」の2章立てとなっている。
map-of-game-developer-chapter1

「ゲームバランス編」ではバランスが崩れやすい要素やユーザーがゲームプレイの技量を段階的に向上できるようにする手法など、主に個人制作ゲームにおけるゲームバランスの話題を収録
map-of-game-developer-chapter2

「メイキング編」ではSmokingWOLF氏が過去に開発したゲームに込めた意図や、キャラクターやタイトルといったゲーム開発で求められる色々な要素を作る際の考え方、目的別のおおまかなゲームの作り方などについて記述されている

また、各項目ごとに全7人のゲーム開発者が内容に対してコメントを行うコーナーが用意されている。それぞれかなりのボリュームがあり、ゲームプレイヤーでもある開発者による実践的なコメントが読めるのも本書の特徴だ。コメントのメンバーによる「永遠に遊べるゲームがあるとしたら?」というテーマの座談会も収録されている。
map-of-game-developer-comment

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会