体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外で不思議がられる日本人のホリデー〜パリ症候群って?〜【日本の不思議】

日本と海外の文化ギャップは、TABIZINEでも長く人気を誇るテーマ。そのギャップを楽しめるのは、日本という国の独特の文化や風土あってこそです。そこで今回は、日本発祥の世界で愛されるもの、実は日本が世界一という意外なトピック、日本独特の興味深い文化などなど、知られざる日本の面白い部分を「日本の不思議」と題し特集したいと思います!

ホリデーって?!

「日本人がホリデーでよくすること」といった記事が英紙テレグラフに掲載されました。欧米の人たちから見た、日本人旅行客の特徴について書かれています。ちょっと気になりますよね。

欧米なら、感謝祭、クリスマスから年始、イースターなど、家族と共に過ごす休暇もありますが、数週間を海外の避暑地で過ごしたり、冬のスキーリゾートでのんびりウィンタースポーツを楽しんだりといった「滞在型の旅行」こそホリデーだというイメージがあります。

一方、日本人が欧米へ旅行する場合、ツアー会社が設定する短期間の間に次々と名所を巡る日本の「見学型の旅行」に人気があります。そのあたりも、いったいどんな風にみられているんでしょう。

パリ症候群に犯される日本人観光客?!

海外で不思議がられる日本人のホリデー|パリ症候群って何?【日本の不思議】
「パリ症候群」は、ほとんど日本人しかかからない精神状態のこと。ロマンチックな街並みを期待して出かけたにもかかわらず、そうでもないという現実とのギャップに、精神的についていけなくなってしまうらしいんです。

その症状としては、自分の思い込みに極端に支配されたり、妄想に囚われたり、不安感、めまい、多汗などがあるそうです。フランスの精神医学誌「Nervure」では、「愛とファッションの街」に、「魅力的な人々」に対する、過度なロマンティックな期待が原因となっているとのこと。また、パリの大使館によれば、年間に20人ほどがこの症候群にかかってしまい、旅の途中で帰国するほどだそうです。

重症というレベルではないにしろ、少なからずこんな気分になることを体験したことがある人もいると思います。しかし、これが日本人に特有だとは、日本人にとってもびっくりですね。

名所旧跡めぐりとショッピングが好きで、ビーチは苦手?!

海外で不思議がられる日本人のホリデー|パリ症候群って何?【日本の不思議】
日本のツアー会社が提供するツアーは、まるで分刻みで名所・旧跡を見学するスケジュールになっているものが多いと思います。つまり、そういった旅を求める人が多いということなんでしょう。最近は自由旅行にチャレンジする人たちも増えてきていますから、多様化している状況もあるとは思います。そして、旅にはショッピングが欠かせないもの事実。その土地の名産品を見て回るのは楽しいですし、お土産にも喜ばれます。

でも、これがどうも不思議に映るらしいんです。バスに乗って目的地に着くと、ワーッと降りてきて写真を撮ってバスに戻って、さっと次の場所に移動するといったイメージもあるようで、滞在型ののんびり旅を好みがちな欧米の人には驚きなんですね。

そしてビーチでは、長袖に日傘の完全防備で、ただ見学している日本人を見ることも多いようで、「なぜ、ビーチで開放的に楽しまないのか」と不思議に思うそうです。でも考えてみれば、日本人がビーチで遊ぶとすれば、国内のビーチでも十分楽しいですし、グアムやサイパン、ハワイなど、欧米の本土よりも近場のビーチは日本人に人気の、滞在型ホリデーの旅行先です。

ですから、例えばヨーロッパ旅行の途中でわざわざビーチで寛いでみようは、なかなか思わないのかもしれませんね。実際には、日本人だってビーチリゾートや海水浴を楽しんでいると思います。

礼儀正しい日本人が不思議って、どういうこと?

海外で不思議がられる日本人のホリデー|パリ症候群って何?【日本の不思議】
外国人が思う日本人の行動パターンとしては、礼儀正しい、時間に正確など、これまでにもよく言われているものもありますが、特に旅先では、公共の場所で大声を上げない、写真を撮ってはいけない場所では撮らない(撮るなら大っぴらに撮らない)ことが不思議だと思われているようです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。