体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

西方凌「子どもとの楽しいお出かけ写真を残す鉄板アイテム」【子育てmeets DIY vol.4】

西方凌「子どもとの楽しいお出かけ写真を残す鉄板アイテム」【子育てmeets DIY vol.4】

2016年秋に長女を出産した、タレントの西方凌さん。いまは夫・木村祐一さんとともに、子育てに奮闘しています。そんな日々を通じて感じたことや子育ての工夫、そして、大好きなDIYについて綴る本連載。子どもをとおして西方さんが見つけた“豊かなくらし”とは?

食欲の秋ですね。
我が家は主人がお出かけ好きなので、休みの日があるとしょっちゅうどこかに連れていってくれます。先日は、しいたけ狩りに行ってきました。

お邪魔したのは千葉県佐倉市の佐倉きのこ園さん。今回が二度目です。

雨でも大丈夫なハウス内のきのこは、完全無農薬。栽培するのに大切なお水は最良の天然水を使用していて、害虫も手作業で取り除いているそう。本当に安心な、おいしいしいたけが採れます。

しかも、ハウスで採ったきのこは、園内のバーベキューガーデンで焼いて食べられます。
採りたての新鮮なきのこを、炭火で焼き、バター醤油で頂く。「しいたけって、こんなにおいしかったんだ!」って感動するレベルです。プリプリで味が濃くてジューシーで……バーベキューの主役は椎茸だ! と、胸を張って言えます。

そんなおいしいしいたけ、今回もたくさん狩りました。秋を堪能して大満足です!

佐倉きのこ園

 

撮ったらすぐに写真を共有できる、Wi-Fi搭載のSDカード

娘は成長するにつれて、いろんなことができるようになってきました。
今回もそう。初めてのしいたけ狩り。

いろんなシーンを写真で残したいと思うけれど、ついつい携帯カメラで撮ってしまいがち。きちんとしたカメラできれいな写真を撮って、すぐにおじいちゃんやおばあちゃんへ送ったり、SNSに投稿したいなと思うことが増えました。

そんなときに、手持ちのデジカメからデータをすぐさま送れるアイテムを教えてもらいました!
Wi-Fi搭載のSDカードです。

▲「フラッシュエアー」(TOSHIBA)。データ容量は16GB/32GB/64GBの3種類です。我が家はまんなかの32GBをチョイス。

まずは、SDカードのWi-Fiを携帯やパソコンにつながるように設定。以降は専用のアプリを開くだけで、いつでもどこでも、サクサクSDカード内の写真を共有することができます。

▲アプリを起動して、画面に一覧表示される写真から、送りたいものにチェックを入れるだけ。

一眼レフカメラで撮った写真が簡単に携帯に取り込めるので、きれいな写真をその場で祖父母に送ることができます。同じような通信機能がデジカメ本体についているものもありますが、手持ちのカメラでこれができるのはありがたい! これからも、お出かけでたくさん活躍してくれそうです。

1 2次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。