体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

豊田真由子議員ネタを入れなかったことを後悔?!『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』FROGMANインタビュー

FROGMAN

世界的ヒーロー、ジャスティス・リーグを題材にしていることで話題の『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』が現在話題騒然公開中! 9本目となる劇場版鷹の爪は、ついに世界へと羽ばたき、バットマンやスーパーマンらとともに東京の平和を守ります。

本作で監督・脚本・声優を務めているのは、もちろん「鷹の爪」を生み出し、これまで全ての作品を手がけてきたFROGMANさん。本作では、スーパーヒーロ達のカッコ良いアクション、3DCGの豪華アニメーションという、これまでに無い表現に挑みながら、鷹の爪らしいゆるい笑いはファンを裏切りません。

今回はFROGMANさんに映画について、今後の展望など色々お話をうかがってきました。

DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団

――今日は色々とお話伺わせていただきます。FROGMANさんは元々DCヒーロー達はお好きだったんですか?

FROGMAN:僕は昭和46年生まれなんですが、その世代って高校時代に、バットマンが大人気で。マイケル・キートンがバットマン役で、ジャック・ニコルソンがジョーカー役で、ティム・バートンが監督やっていたりして。その頃青春時代をむかえて、30代になった時に『ダークナイト』3部作という重厚長大な哲学をすごく重んじるバットマンがやってきて。自分の成長に合わせて、常にバットマンを観てきたので、好きというよりも身近に感じていた所があります。僕も映画業界にいたことがあるので、バットマンの様なエンターテイメント性と社会性を両方持った世界観というのは憧れでもありました。

――では今回のお話があった時は興奮されましたか?

FROGMAN:お話がきた、というよりも僕らからいろんな会社さんに鷹の爪で大きな映画作りませんか? と打診していたんですね。ことごとく全部ダメだったんですけど、ワーナーさんから「ちょっとお話を聞かせて欲しい」って言われて、おやおや!と。そこから、2016年の春頃に7分くらいのパイロット版を作って。7分というと短く感じるかもしれないけど、アニメーションスタジオ「GONZO」さん、にキャラクターデザインをおこしてもらって、アクションシーンもしっかり作って、割とお金かけて作ったんですよ。これがダメだったらどうしようって思ったんですけど、ちゃんとウケて。GOをもらったのが去年です。

――『ジャスティス・リーグ』の公開も控えていますし、今後DCヒーローズが盛り上がっていく中で、皮きりの作品となりました。

FROGMAN:そうなんですよ。『ワンダーウーマン』の後、『ジャスティス・リーグ』の前という真ん中なので絶対良い作品を作らなければという気持ちでした。鷹の爪の映画って、単なるアクションとか単なるコメディじゃなくて、どんな映画にも似てない作品にしないけないって思ってて。鷹の爪のイメージって何っていったら、お金がない、毒舌、シュールで、そのくせ最後ちょっとほっこりしたりして。そこにどうやってDCヒーローズを巻き込んでいこう? というのが一番の課題でした。

DCヒーローズは鷹の爪と同じ属性でやっちゃいけないし、彼らは彼らで特別な存在で人間を超越した孤高のヒーローでなきゃいけないし、そこどう結びつけるかというのは、大分神経使いました。

――二つの世界観をどこで、一緒にするかみたいな。

FROGMAN:映画『天才バカヴォン ~蘇るフランダースの犬~』の時も、『天才バカボン』をいかに鷹の爪テイストにして、そこにフランダースの犬もいれるかというのが課題で。そういうことは結構やってきてるんですけど、本作は今までつくってきた映画の中で1,2を争うほど大変でしたね。だけど1,2を争うほど楽しかったですね。

――大変ですけど楽しかった、と。素晴らしいです。ワーナー側の細かいチェックもあったんですか?

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。