体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

佐藤秀峰の「自炊代行ドットコムに聞いてみた」

『第3回ネーム大賞』を絶賛開催中の電子書籍サイト『漫画onWeb』!! 漫画についてのあれこれをお届け致します!

今回は、漫画家・佐藤秀峰が自炊代行ドットコムさんにお邪魔した際のインタビューまとめ日記を公開です!! どうぞ~♪

* * * * *

少し前のお話になりますが、書籍のスキャン代行サービスを展開されている“自炊代行ドットコム”さんにお邪魔してきました。
現在、出版業界で話題沸騰、訴訟の真っ最中の自炊代行事業について「やっぱり、現場のお話を聞かなきゃね!」ということで行ってまいりました。

本日はそちらのインタビューをまとめましたのでご覧ください。
文章にまとめる時間がなかなか取れずに公開が遅くなってしまいましたが、当事者の立場から貴重なお話を伺うことができましたよ。

目から鱗(?)のインタビュー、さっそくどうぞ!
※自炊代行問題については何度か日記でも触れておりますので、ここでは割愛しますね。詳しくは過去の僕の日記をご覧ください。

自炊代行ドットコムさんインタビュー

グローブコム株式会社 中村 賢司さま
自炊代行ドットコム 大西 裕貴さま
聞き手 佐藤 秀峰

佐藤:本日はよろしくお願いします。まずは御社の行なっています自炊代行事業について、サービス開始までの経緯を教えていただけますか?

中村:こちらはサービス開始当時の事業者であった私から説明させていただきますね。
最初は、とある自炊代行サービスを行なっているサイトの運営者から「サイトを買いませんか?」というお話をいただきました。弊社(グローブコム株式会社)は元々ウェブ系のシステム会社なのですが、おもしろそうな話だったので、お会いして詳しく話を伺ったのが始まりです。

佐藤:具体的にはどのようなお話だったのですか?

中村:先方は既に自炊代行サービスを展開しており、そのためのサイトを持っていたのですが、諸事情で事業を取り止めることになったそうで、サイトだけが宙に浮いてしまっていたんですね。そこで、サイトの看板を付け替えて、自炊代行事業をやってみませんか、という提案をいただいたのです。結局、その話は上手くまとまりませんでしたが、自炊そのものには興味が湧いたので、会社の一角に裁断機とスキャナを設置して、自炊のための機械と場所の貸し出しを始めてみました。
会社はこの通り、駅前の便利な場所にありますし、お客様に本を持参していただいて、時間いくらで機械を貸し出し、お客様自身に自炊をしていただこうと。それが去年(2011年)の3月3日ですね。

佐藤:なるほど。最初は自炊代行サービスではなかったんですね。

中村:そうなります。

佐藤:お客さんの評判はいかがでしたか?

中村:良かったですよ。自炊を必要としている人がこれほど多くいるんだと思いました。同時に問い合わせも多く、中でも「他所のように代行はしてくれないのか?」という声は強かったですね。やっぱり、自炊といっても慣れていないと時間がかかりますし、裁断機というのは刃物ですので、気をつけないと怖いです。機械の使い方が分からなければ、その場で質問に答えていましたし、結局、お客様に付きっきりのような状態になってしまい、これは代行に切り替えた方がいいのではないかという結論にすぐに傾きました。採算が取れるかどうか分からないけど、とことんやってみようと思ったんです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次のページ
ガジェまんの記事一覧をみる

記者:

WEBマンガ新着情報

ウェブサイト: http://manga.getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。