体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

毎朝仕入れた魚でメニューが決まる!新鮮食材を堪能できる「沼津魚市場食堂」で丼と定食を食べてきた【静岡】

f:id:mesitsu_lc:20170914172324j:plain

市場食堂……なんともロマンあふれる響きだと思いませんか?

昨今のグルメ漫画ブームで、ちょいとした食べ歩き、それも渋い感じのお店とかが注目されつつある感じですが、やはり食堂、それも市場食堂ともなるとファミリーレストランとは違った響きがあり、あまり市場を利用しない人にとっては魅力的な食堂に思えます。

と、言う訳で今回は沼津港にある市場食堂、その名も「沼津魚市場食堂」を紹介してみましょう。

まさに魚市場の2階にある「沼津魚市場食堂」

f:id:mesitsu_lc:20170914173105j:plain

その名の通り、昔々は沼津港の魚市場で働く人のための食堂だったので、魚市場の2階に「沼津魚市場食堂」はあります。

ですので、ちょっと入り口が分かりにくいかもですが、今は看板が置いてあるので建物さえ分かれば入り口の位置は容易に分かると思います。

近隣にはコインパーキングもありますが、やはり土日祝日は観光客で賑わう沼津港ですので、出来れば公共の交通機関を利用すると良いんじゃないでしょうか?

一応、本数は少ないのですが駅からもバスが出ています。

f:id:mesitsu_lc:20170914173311j:plain

ちなみに筆者、沼津駅から沼津港まで歩いた事もありますが、20分ないし30分くらいかかるので、なんなら友達と乗り合わせてタクシーを利用するのが、大人の選択肢かなと思います。

市場の食堂を利用する際の注意点

f:id:mesitsu_lc:20170914173340j:plain

沼津の魚市場に限らず、全国にある市場食堂を利用する際には、絶対に守らなければならないルールがあります。

まず、市場で働いている人の邪魔をしない、邪魔な位置に立たない、トラックやフォークリフト等にひかれないなど、これらの大原則を守る前提で、市場食堂を利用して欲しいと思います。

「沼津魚市場食堂」はそうでもないのですが、市場によっては外からでは食堂に行けない事も多々あるので、必然的に市場の中を横断する事もあります。

その際に働いている人の邪魔をしないのはもちろん、フォークリフトなどの邪魔をしない、ひかれないようにするなど細心の注意を払う必要があります。

町の中では「歩行者優先」の交通ルールになっていますが、市場の中とその周辺は「フォークリフト優先」が当たり前ですので、注意して下さい。

見晴らしの良い「沼津魚市場食堂」

f:id:mesitsu_lc:20170914173426j:plain
1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。