ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

「送料自由」の『ZOZOTOWN』が都道府県別の平均送料を公開 ランキング結果に「やっぱり」の声

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
zozotown

ファッションショッピングサイト『ZOZOTOWN』を運営するスタートトゥデイは、同サイトで10月1日より試験的に実施していた「送料自由」サービスの利用状況を公開。

調査の対象となる10月1日正午から10月23日午前0時までの注文において、ユーザーが自由に設定した送料の平均は96円(税込み)。送料0円が設定された注文の割合は全体の43%であることが分かりました。

また、都道府県別の平均送料ランキングも発表(都道府県は届け先住所より算出)。

zozotown

平均送料が高い順から1位に福島県(111.73円)、2位に岩手県(111.08円)、3位に青森県(110.79円)と、東北の3県がトップ3に。続いて4位に長野県(108.50円)、5位に島根県(107.99円)がランクインしました。

反対に平均送料が低い順に見ると、47位に奈良県(86.05円)、46位に大阪府(88.68円)、45位に兵庫県(88.78円)、44位に滋賀県(89.02円)、43位に京都府(90.48円)と、近畿の2府3県が独占。

「商人気質」と言われる関西人の(ステレオタイプな?)イメージもあってか、ネット上では、「やっぱり関西はケチなんか」「大阪は予想できた」「ここまで予想と違わないのって凄い」「関西人だけど納得」と、想像通りだという声が多数。一方で、「0円に設定できるなら0円にするのが普通」「0円にできるようにしてるのになんの問題ですか?」といった声も寄せられています。

なお、スタートトゥデイは「送料自由」の実施について、「当サービスは試験的実施のため、予告無く変更・中止する場合がございます」とアナウンスしています。

すべてのランキング結果が表示されない場合はスタートトゥデイ公式サイトから:
https://www.starttoday.jp/news/20171024-2879/

よしだたつきの記事一覧をみる ▶
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。