体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インドネシア人に聞く日本で働く・暮らすって?「日本人はもっとリラックスして、感情を表に出した方がいい」

インドネシア人に聞く日本で働く・暮らすって?「日本人はもっとリラックスして、感情を表に出した方がいい」 アイキャッチ_Eva01

外国人に聞く「日本で働く・暮らす」第3弾。今回は、インドネシアで8年間旅行会社に勤務する傍ら、日本語を学び、さらに日本語に磨きをかけるため来日したインドネシアの「Eva(エバー)」さんに取材してみました。

Eva01

日本でのバイト経験を通して、先輩や他の同僚を尊重し、常に謙虚な姿勢でい続けることの重要性を学びました

――あなたが日本で経験したバイトはどういったものでしたか?

ハローワークで紹介されて、東京都内のうどん屋でキッチンスタッフとして働いています。給料が高いとは言えませんが、労働環境が素晴らしいので、働くことに決めました。

仕事で助けが必要な場合、店長や同僚がいつも助けてくれました。先輩の一人と対立したことがありましたが、その先輩のやり方は他の先輩と少し違うので、その先輩と同じシフトに入る時は、先輩のやり方に合わせることにしています。先輩や他の同僚を尊重し、常に謙虚な姿勢でい続けることの重要性を学びましたね。

――そのバイトのやりがいや、最も楽しかったエピソード・辛かったエピソードを教えてください。またそれが現在のキャリアに役立っている点はありますか。

やりがいを感じたのは、仕事が皿洗いからキッチンスタッフに変わった時です。キッチンスタッフは、食器洗いの他に、食材の下ごしらえをしたりサラダやメニューを作ったりなど、ホールスタッフに渡すまでを担当します。幅広い仕事を学べて本当にありがたいと思いました。

辛かったのは、日本ではトレーニング期間が約1か月と短いということです。インドネシアでは、通常約3か月のトレーニング期間があります。2か月目は本当に大変で、店長がいる日にはどのシフトに入っても叱られていました。

新しいことを覚えるのが少し苦手なので、2か月間にたくさんあるメニューを覚えるのが本当に本当に大変でした。メニューを覚えるために、メニューサンプルの写真を撮って自宅で暗記したんです。また、知らないことがあったら全て周りの人に聞いて、理解を深めていました。

この経験を通して、忙しいキッチンの環境、物事をもっと早く学ぶ方法、他人と仲良くやっていく方法、それからプレッシャーの下で働く方法のヒントを与えてくれました。

日本人はもっとリラックスして、感情を表に出した方がいい

Eva02

――日本のバイトで一番驚いた日本人の行動・考え方は何ですか。

日本人は同僚とめったに遊ばないことにはとても驚きました!半年以上働きましたが、先輩たちとは2〜3回くらいしか遊んだことがありません。インドネシアでは、その逆で、頻繁に遊ぶんですよ、しかも7人くらいの大人数で。

それと、日本人はもっとリラックスして、感情を表に出した方がいいんじゃないかと思います。個人的には、気持ちをストレートに言ってくれた方がこちらもどう対応したらいいかが分かりやすいですね。インドネシアは日本に比べて感情をストレートに伝えやすいです。

――自らの経験を踏まえ、仮に、あなたの友人が来日し、日本の企業で働くことになったとしたら、どんなアドバイスをしますか?

日本語のスキルがN3(会話レベル)以上あると、上司が何を指示しているかが理解できるので、仕事に就きやすいです。ハローワークに行って、自分のやりたい仕事を伝えれば、ぴったりの仕事を選んでくれて、面接の手配をしてくれます。面接の日には、きちんとした服装で予定時刻の15分前には面接場所に到着するようにしましょう。日本で遅刻はタブーですから。

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。