ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

女優・豊田エリー、ミスチルMV出演の裏話を明かす

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

女優・豊田エリー、ミスチルMV出演の裏話を明かす
J-WAVEで放送中の番組「MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY」(ナビゲーター:グローバー)。10月21日(土)のオンエアでは、「Mr.Children」、ミスチルを特集しました。

ゲストはバンド「凛として時雨」のドラム担当・ピエール中野さんと、女優でタレントの豊田エリーさん。もちろん2人ともミスチルの大ファンで、ピエールさんはミスチルが世間に知られるきっかけとなった曲「CROSS ROAD」から気になり、ベスト盤の歌詞カードに書かれていた“その曲ができあがるまでの解説”と“バンドのヒストリー”を見て「歌詞すげえ! こんなすごいバンドだったんだ!」と気付いたのだとか。

ピエールさんの話を聞き「リアルタイムで聴けてるの、本当羨ましい!」と言う豊田さんは、2001年に放送され劇中で使われる曲がすべてミスチルの曲であることも話題になったドラマ「アンティーク〜西洋骨董洋菓子店〜」からミスチルが好きだそう。年齢的にも気付いたときにはスターバンドだったということもあり、タイムラグを埋めるように、そこから過去の曲をたくさん聴いていたそう。

ピエールさんが一番聴いたアルバムは、前述にもあったベストアルバムになるそうですが、1996年にリリースされた「深海」もよく聴いていたそう。ピエールさんいわく「全体的に暗い…ヘビーだし内容的にも重厚」というアルバムですが、この中の「ゆりかごのある丘から」というバラードが特に好きだそう。

「切なさがすごいんですよね。僕、だいたいミスチルを聴くときは、落ち込んだときとか、自分が暗い気持ちになっているときに聴くんで…助けてくれるんですよ。(詞とサウンドが)バランスが恐ろしいぐらいの強度の楽曲。歌詞だけ見たらドロドロ過ぎて『こんな歌詞成立しないだろう』ぐらいのことを言ってるんですけど、ちゃんと成立させて名曲に変えていくというのがミスチルのすごさ」(ピエールさん)

そして豊田さんは、ミスチルの楽曲「ひびき」のミュージックビデオに出演しています。ファンクラブに入るほどのミスチルファンだった豊田さんですが、オーディションには「ファンということは隠そう。そんなミーハー気分で来てると思われたくなかったんで」という思いで挑み、とても緊張していたそうですが、審査員が豊田さんがミスチルファンだということを知っていて「ファンなんですよね?」と言われた瞬間に緊張が解け、「いかに自分が好きか」をずっと話していたそう(笑)。合格したときは信じられなくて「あれ? 死ぬ?」とまで思ったのだとか(笑)。「監督も、もちろんスタッフさんも、出演者もみんなミスチル大好きな人たちばっかりで空気がすごいいい現場でした」と裏話を明かしてくれました。

このメンバーでのミスチルトークは次週28日も続くよう! お聴き逃しないように!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY」
放送日時:毎週土曜 17時−17時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/musicology/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。