ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ソファに座りながら冥王星まで旅しよう! Googleマップ、惑星や衛星を新たに追加

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
地球の反対側にある国を旅したり、各国の世界遺産を見て回ったりと、自宅にいながら見たことのない風景に出会えるGoogleマップ。

単に「地図」としてのツールにとどまらないそのGoogleマップがこのほど”旅行先”に冥王星などの惑星や衛星を新たに追加した。土星探査機カッシーニによる写真を活用していて、誰でも壮大な宇宙旅行が楽しめる。

・クレーターもリアルに

Googleマップで、国際宇宙ステーションや月を見ることができるようになったのはまだ最近のことだが、今回さらに金星と冥王星、そして10の衛星が加わった。

地球のマップと同じように、ズームしたり、マウスでグリグリ動かしたりすることが可能で、地球からかなり離れた冥王星のクレーターや、厚い雲に覆われている金星の様子を観察できる。衛星の外観がそれぞれに異なることもみてとれる。

・地球からズームアウト!

これらのマップは、カッシーニが宇宙をさまよいながら撮影した50万枚もの写真をベースに、天文アーティストBjorn Jonsson氏の協力を得て作成された。

写真を元にしているだけに地表のゴツゴツ感がわかるなどかなりリアル。ちなみに、宇宙空間マップで惑星や衛星の一覧からみたいところを選択することができるほか、Googleマップの地球からズームアウトして宇宙に旅立つという楽しみ方もできる。

さあ、あなたも宇宙旅行に出かけよう!

Google Blog

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。