体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ほこ×たて』緊急解説第2弾! オーエスジーVSニッタンの激闘!

オーエスジーVSニッタンの激闘

今回は製造現場ドットコムさんのブログ『無造作淑女』からご寄稿いただきました。

『ほこ×たて』緊急解説第2弾! オーエスジーVSニッタンの激闘!

フジテレビの番組『ほこ×たて』の人気企画“絶対に穴のあかない金属”VS“どんな金属にも穴をあけられるドリル”は有名ですが、先日、日本タングステン(通称:ニッタン)VSオーエスジーの再戦がお茶の間に流れました。その熱い戦いに、皆さんテレビにくぎ付けになっていたことでしょう。
さて、記者のコメントを覚えていますでしょうか? 私はただ一人、「穴はあかない」としました。なぜそう答えたのかをふまえ、読者の皆さまに大サービスよ。少し解説をいたしましょう。

その前におさらいです。知らない方は、前回対決したときの解説記事を読んでね。
「『ほこ×たて』緊急解説」 2011年10月16日 『無造作淑女』 http://seizougenba.com/node/955

今回、われわれ記者は対決現場にはおりません。スクリーンで対戦を見守っておりました。オーエスジーは“相手がどんな材料を持ってくるか?”と推理し、ニッタンはオーエスジーの考えそうなことを推測します。この“相手の腹を読む”ことにこの番組の面白さがあります。

今回は2度目の対決です。ひょっとしたらニッタンは得意とするサーメットや超硬合金などの硬い材料ではなくて、粘り気のあるブツを持参することだってあり得ます。私がニッタン中川内氏だったら、意地の悪いことを考え、2度目の今回は切りくずが刃先に溶着して工具をくたばらせるような、粘りのあるイヤラシイ材料を持参することでしょう。
金属加工は通常、材料の特性に合わせて加工条件を決めます。材料に合わせて最適な切削工具や工作機械、チャックなどを用意し、加工に挑みます。材料も分からぬまま憶測で合致する加工条件を見つけだすのは“宝くじを当てる”ようなものです。
今回そのような思いから、私は「穴はあきません」と推測しました。と、思っていたら――――。
「あらっ!?」
スクリーンを観るかぎり、想像以上にサクサクと削っているではありませんか。
どうやらニッタン大川内氏は前回同様の材料で勝負をかけてきたようです。前回は割れてしまいましたので、今回は“割れない工夫”をしてきたに違いありません。
さて、超難削材に挑んだオーエスジー大沢氏が満を持して用意した対決工具が気になりますね。この工具の名称は『クロスエンドドリルエボリューション(特殊品)』。前回の『クロスエンドドリル』を改良し、グレードアップした工具です。
工具径はφ16 #20(粒度)。前回同様、工具先端にダイヤモンド粒子を電着させた特性工具で、菊のつぼみを連想させるユニークな工具形状でした。

オーエスジーVSニッタンの激闘

工具形状をパイプ状にしたのは加工時の除去体積を削減するためであり、前回の十字スリットを8溝に増やしたのは切削性能や冷却性能を向上させるためです。また、工具中心のオイルホール径を大きくし、冷却効果、切りくず排出性を向上させました。8溝のスリットから勢いよくクーラントが排出される仕組みとなっています。
ダイヤモンドは地球上の物質のなかで一番硬いとされていますが、反面、熱に弱いという弱点があることは、前回放送後に弊社ブログ「『ほこ×たて』緊急解説」でも掲載しました。加工中の高熱は、ダイヤモンドの硬さを失わせるうえ、およそ800℃で炭化するといわれています。

前回の対決では、約13分を過ぎたころに材料が割れ、工具は砥粒(とりゅう)も消滅し、丸坊主になっていました。今回はそのことをふまえ、オーエスジーは目詰まりを防止するため、砥粒サイズを#40から#20へと大きくしました。工具皮膜の耐久性を高めるため、めっきも多層化しています。これにより摩耗の進行が抑制され、前回の『クロスエンドドリル』よりも工具寿命を伸ばすことができたようです。
「おおっ!」
私が思わず声をあげたことは、これらの工具形状に加えて、今回さらなる徹底的な、しつこいぐらいの熱対策が加わっていたことです。テレビをご覧の皆さまもお分かりだと思いますが、前回の対戦同様、工具は自転しながら公転し、公転しながらZマイナス方向へ切り込んでいくヘリカル加工に加え、今回はこのヘリカル加工に1公転後、Z軸方向に工具を1回上下させ、ステップしています。このステップ動作には目詰まり防止と冷却性向上の効果があるのです。
というわけで、超硬合金などの硬い材料に有効だと言われているダイヤモンド砥粒で今回も勝負をかけたオーエスジー。双方、意地の悪いことを考えず直球で勝負しています。お互いに良いところを突いていましたね。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。