ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

今、オーストリアで流行っているドイツ人ラッパー?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

今、オーストリアで流行っているドイツ人ラッパー?
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「Spotify GLOBAL CHART」。10月19日(木)のオンエアでは、オーストリア共和国の音楽チャートに注目しました。

首都は芸術の都、ウィーン。中央ヨーロッパの内陸、ドイツの南東方向に位置しており、西側はスイス、リヒテンシュタイン、南はイタリア、スロベニア、東にはハンガリー、スロバキア、北はドイツ、チェコが隣接しています。人口は約874万人。国土面積は北海道と同じくらいです。

先日、オーストリアの国民議会の総選挙が行われ、国民党が第一党になったことからセバスティアン・クルツさんが首相になるのではないかと言われています。世界最年少、31歳の国家指導者は驚きですね。

そんなオーストリアのチャートを、デジタル音楽配信サービスSpotifyの「Global トップ50」の中からチェック!

1位:Post Malone feat. 21 Savage「rockstar」
2位:Bausa「Was Du Liebe nennst」
3位:ZAYN feat. Sia「Dusk Till Dawn」

番組が注目したのは、2位のBausa。サッシャによると「Was Du Liebe nennst」は「愛だと君が名付けているもの。それを僕に」といった意味だそうです。Bausaはフランスとの国境沿いドイツのザールブリュッケン生まれ。現在は、シュトゥットガルトの郊外に住んでいます。

ドイツのワーナーミュージックに所属しており、2014年にEPをリリース。フィーチャリングアーティストとして注目され、この曲でソロになりました。子どもの頃に買ってもらったキーボードで英語で曲を作っていたものの、しっくりとこなかったため、ドイツ語に変えたそうです。16歳の時に、部屋に友達を呼んで、初めてラップを披露したところ大きな評判となったのだとか。

ドイツは移民系のラッパーが多く、純粋な白人ドイツ人のラッパーは珍しいため、これから注目のアーティストです。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。