体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【可愛い!ハロウィン】モデル・辻千恵がミニかぼちゃランタンづくりにチャレンジ

【可愛い!ハロウィン】モデル・辻千恵がミニかぼちゃランタンづくりにチャレンジ

もうすぐハロウィン! ということで、人気モデルの辻千恵さんが、かわいいミニサイズのかぼちゃランタン作りにチャレンジしてくれました。みなさんも手づくりのかぼちゃランタンをお部屋に飾って、手軽に楽しくハロウィン気分を満喫してみては?

ハロウィンといえば……

今年も、もうすぐハロウィンがやってきます。ハロウィンの飾り付けといえばかぼちゃのランタン。じつは、本物のかぼちゃを使っておうちで簡単につくれるんです。
そこで今回は、人気モデルの辻千恵さんがミニサイズのかぼちゃランタンづくりにチャレンジしてくれました!
辻 千恵(つじ ちえ)

モデル。mer(Gakken)モデルオーディション2014グランプリ。自然体で飾らないファッションや透明感あふれる魅力が同世代の女性から多くの支持を集めている。愛称は“つじちゃん”
Instagram

さっそく、かぼちゃランタンづくりにチャレンジ!

用意するもの

ミニかぼちゃ(今回使用した観賞用かぼちゃはホームセンターやお花屋さんで手に入る)

キャンドル

カッター

小さめのナイフ

スプーン

つまようじ

えんぴつ

 

1. かぼちゃの上部分を切り取る

まずは、ヘタの周りを切り取る。キャンドルよりもひと回り大きいサイズで円状にくり抜いていく。
カッターで切り込みを入れてからナイフを使うとスムーズに刃が入る。

 

最後は、スプーンを切れ目に差し込んで繊維を断ち切ると取り出しやすい。
※スプーンが曲がらないよう注意!

 

2. 中身をくり抜く

種を取り出し中身をくり抜く。できるだけ内側を削っておくと、このあと顔をつくる作業が楽ちんに。

 

3. 顔を下書きする

えんぴつで顔を下書きする。初めてつくる場合は直線的なデザインにするのがおすすめ。

 

4. 顔をくり抜く

カッターやナイフで顔をくり抜いていく。角の部分など、細かいところはつまようじを使って整えて。

 

1 2次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。