体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「SAUL LEITER by François Halard」刊行記念イベント ソール・ライターの部屋

0. メインイメージ

フランス人フォトグラファー、フランソワ・アラール(François Halard)がス ウェーデンとフランスを拠点とする出版社「Libraryman」より新作写真集「Saul Leiter」を刊行。フランソワ・アラールはサイ・トォンブリーやルイジ・ギッリ、 ルイーズ・ブルジョワ、リチャード・アヴェドンら著名なアーティストのアトリエ 撮影を手掛けており、世界で最も評価の高い建築写真家の一人として知られている。本書は、今年の春にBunkamuraザ・ミュージアムで開催された「ニューヨークが生んだ伝説 写真家ソール・ライター展」も記憶に新しい、画家・写真家のソール・ライターのアトリエを撮影。ライターがこの世を去った2年後の2015年にイー ストヴィレッジにあるライターのアパートメントを訪れ、撮影した写真からは、その場に漂うライターの“気配”が感じられる。 本書の刊行を記念して、ドキュメンタリー映画『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』を特別上映。昼の部は上映のみ、夜の部は上 映+トークイベントの2回制のイベントとなり、トークイベントには映画の日本語字幕を担当した米文学者で翻訳家の柴田元幸氏が登壇する。(映画本編 75分、トーク約60分予定)

[イベント概要]
◆昼の部(映画上映) 2017年10月28日(土)
OPEN 13H00 / START 13H30 1,500円(1ドリンク付)
8,300円(写真集+1ドリンク付) ※こちらは映画上映のみの回となります。

◆夜の部(映画上映+トークショー) 2017年10月28日(土)
OPEN 17H30 / START 18H00 ゲスト:柴田元幸(米文学者、 翻訳家)
2,500円(1ドリンク付) 9,300円(写真集+1ドリンク付) ※御予約分の写真集は作家のサイン付きとなります。

会場:VACANT 東京都渋谷区神宮前3-20-13 2F
予約ページ:http://peatix.com/event/312738 詳細ページ:https://www.vacant.vc/single-post/saulleiter
presented by twelvebooks supported by TV MAN UNION
0_FilmPoster

映画『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』
ニューヨーク、ロウアー・イースト・サイド、ドイツ・シュタイデル社が再発見した伝説の写真家の半生を追う。1940年代から絵画の様に豊 かな表現でニューヨークを撮影したカラー写真の先駆者であり、「ハーパーズ バザ ー」や「ヴォーグ」など有名ファッション誌の表紙も飾った写真家、ソール・ライター。しかし、写真に芸術性よりも商業性が強く求められ始めた80年代、彼は表舞台から姿を消した。ところが2006年、写真集で定評のあるドイツのシュタイデル社から、それまで封印されていた個人的な写真などをまとめた作品集が出版されると、80歳を超えた”巨匠の再発見”は世界中で熱狂的に迎えられ、いまも多くの国で回顧展や出版が続いている。いま、彼の写真が私たちの心に強く響くのはなぜなのか? 「人生で大切なことは、何を手に入れるかじゃない。何を捨てるかということだ」 と語り、あえて名声から距離を置いて生きたソール・ライター。その人生がわれわれに語りかけるものとは?
(2012年/イギリス・アメリカ/75分 監督・撮影:トーマス・リーチ 日本 語字幕:柴田元幸 配給:テレビマンユニオン)

LM-Francois-Halard-Saul-Leiter-04
1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。