体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SMEがインディーゲームを中心としたゲームパブリッシングレーベル『UNTIES』を発足 PS4/Switch/PC含むリリース予定の4タイトルが発表される

SMEがインディーゲームを中心としたゲームパブリッシングレーベル『UNTIES』を発足 PS4/Switch/PC含むリリース予定の4タイトルが発表される

ソニー・ミュージックエンタテインメント(以下SME)は10月17日、インディーゲームを中心としたゲームパブリッシング事業を行う新レーベル『UNTIES(アンティーズ)』の発足を発表。同日に開催したスタートアップパーティーで、事業内容やリリース予定タイトルを発表しました。

unties2

過去にはゲームパブリッシャーとして『クーロンズゲート』『天誅』などPlayStation用ゲームをリリースしていたSME。昨年12月にはPlayStation VR向けに『anywhereVR』を発売し、13年ぶりにゲームパブリッシング事業に再参入したとのこと。この流れの中で「ゲームをもう1回盛り上げていきたい」と、UNTIESの発足に至ったそう。同社CFO兼コーポレートEVPの今野敏博氏は、「自由に新しいゲームの世界を作ってもらって、我々がサポートしたい」と、その設立趣旨を語りました。

unties3

「きっかけになったのは3年前に訪れた『BitSummit』」と語るのは、同社デジタルコンテンツグループ XEチーム プロデューサーの坂本和則氏。出展されているインディーゲームの創造性とクオリティの高さに刺激を受け、この才能を世界に伝えていきたいと考えたそうです。

unties4

坂本氏にUNTIESの中心メンバーとして呼び込まれたのが、伊東章成氏、伊藤雅哉氏、John Davis氏の3名。伊東氏はソニー・インタラクティブエンタテインメント出身、伊藤氏はキュー・ゲームス出身で『BitSummit』の元運営メンバー、Davis氏はIndie MEGABOOTH運営メンバーとして活動するなど、日本のインディーゲームシーンで精力的に活動してきた面々です。ここで伊東氏から、UNTIESからリリース予定の4タイトルが発表されました。

『TINY METAL』(AREA35)

unties5 unties6

由良浩明氏が率いる開発スタジオAREA35が手掛ける、ターンベースの戦略シミュレーションゲーム。PlayStation 4/Nintendo Switch/PCのマルチプラットフォームで、日本時間の11月21日に世界同時リリースを予定しています。

TINY METAL – PAX WEST 2017 トレーラー(YouTube)
https://youtu.be/zaDL8VhhaJg

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。