体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2018年元日に届けたい!】年賀状の投函・販売はいつからいつまで?

近年SNSで新年の挨拶を済ませる人も増えていますが、それでも年賀状はお正月の風習であり続けています。

しかし、年賀状を送るときには、いつから購入できるのか?投函時期はいつからいつまでなのか?輪ゴムで縛って投函してもいいのか?など、疑問点はつきませんね。特に、お世話になった上司や取引先、日ごろ親しくしている同僚などは、正しく年賀状を送らないと失礼にあたってしまう場面もあります。

そこで、年賀状の販売期間や投函時期、会社の上司・同僚や友人などに送る年賀状についてのポイントを、一問一答形式で解説します。

【2018年元日に届けたい!】年賀状の投函・販売はいつからいつまで?

2018年用の年賀状はいつからいつまで購入できるのか?

2018(平成30年)の年賀状(年賀はがき)の販売期間は下記の通りです。

企業単位で購入・印刷をする場合などは、この期間内に、早めに購入すると良いでしょう。

インターネット通販での予約及び販売

2017年9月1日(金)

~12月25日(月)

年賀はがきの窓口での販売

2017年11月1日(水)

~2018年1月5日(金)

※参考: 日本郵便株式会社 プレスリリース

2018年1月1日に届けたい場合、年賀状の投函時期はいつからいつまでか?

元日(1月1日)に年賀状を届けたい場合、投函時期(引受時期)と投函期限は、

2017年12月15日(金)~12月25日(月)

です。これは全国的に1月1日に届けるための期間です。ただし、最終日は各ポスト最終集荷時刻、または窓口の受付時間内が期限となるため、注意しましょう。

引受期間をすぎると1月1日には届かないのか?

引受期間がすぎてしまった場合でも、近隣都道府県ならば27日午前、同一県内は28日まで、同一市内の同じ郵政管轄内であれば29日でも1日に届く可能性があります。

ただし、郵便局の配達体制や配達距離によっては1日に届かない可能性もあります。余裕をもった投函を心がけましょう。

元日の到着に間に合わなかった場合、1月2日に届くのか?

2017年から、1月2日の年賀状配達は全国的に取りやめられています。1日に配達されなかった年賀状は、3日、またはそれ以降に配達されます。

年賀状は1月1日に届かないと失礼にあたるのか?

一般的に、「松の内」の間は、お正月の習慣が続いている地域が多くあるため、失礼にはあたりません。

「元日を越えたから年賀状を出しても意味がない」と思い込まず、お正月のあいだは年賀状を出す心がまえを保っておくと、不測の事態にも対処できます。「松の内」とは門松をたてておく期間のことです。基本的には元日から7日(地域により15日)までが「松の内」とされ、年賀状を投函することは可能です。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会