体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

’14 LAND ROVER DEFENDER 110【EDGE/名車への道】

1948年から製造され、軍用車などハードな使用に耐えられる車として開発されたランドローバーシリーズ。1983年にシリーズ3へと進化し、名前を90/100に。その後1990年からディフェンダー90/100へと名前を変える。デザインは初代から継承していたが中身は徐々に進化を続け、最終型にはTd5と呼ばれる直5 2.5Lの高性能ディーゼルエンジンが用意された。残念ながら生産は2016年をもって終了となった。

▲1948年から製造され、軍用車などハードな使用に耐えられる車として開発されたランドローバーシリーズ。1983年にシリーズ3へと進化し、名前を90/100に。その後1990年からディフェンダー90/100へと名前を変える。デザインは初代から継承していたが中身は徐々に進化を続け、最終型にはTd5と呼ばれる直5 2.5Lの高性能ディーゼルエンジンが用意された。残念ながら生産は2016年をもって終了となった。

クラシックカーになる直前の80、90年代の車たちにもこれから価値が上がる車、クラシックカー予備軍は多数存在する。そんな車たちの登場背景、歴史的価値、製法や素材の素晴らしさを探ってみたい

こういう車がのちのち名車になっていくんだよ

EDGE:さて今回は、今後名車になって行くであろうSUVを見に行きたいと思います。

松本:SUVか。始祖という意味ではワゴニアとかもいいね。

EDGE:いや、今回はディフェンダーにしようと思います。見た目は古いけど実は昨年まで製造されていたので、名車予備軍としてはピッタリじゃないかなと。

松本:クラシックな雰囲気を持っていて最新、いいんじゃない。外観と基本的な構造が変わらないのは凄いことだから。

EDGE:あ、このお店です。そのグリーンのやつがそうですね。

松本:やっぱり雰囲気はいいね。塗装は最近のメタリックを使った深い緑だけどアインツリーグリーンっというそうなんだよね。正規で入ったショートボディのディフェンダー90にもあった色かな。僕が乗ったことがあるのは1980年式の109ってやつで、ディフェンダーに移行する前のモデルだったんだ。フロントウインドウの下に手動のベンチレーションが備わっていて、開けると風がビュンビュン入ってきて気持ちよかったなぁ。ついでに雨まで入ってきちゃったけどね。

EDGE:外観のデザインもさほど変わってないんですね。

松本:本当? そうだね。サイドとリアのボディパネルの造形はシリーズⅡの1958年から最終型の2015年のディフェンダーまで極端に変わってないよね。ランドローバーだったら、個人的にはシリーズⅠが好きだね。最近ランドローバー社でもレストアされたモデルが販売されたけど、本当に欲しいと思ったよ。完璧なレストレーションだからね。しかしイギリスが凄いのはジャガーだってランドローバーだってクラシックモデルがメーカーの保証で作れるんだ。日本ではちょっと考えられないよね。そういう部分に懐の深さを感じるよ。

EDGE:ランドローバーのディフェンダーって新車でも横から見るとボディがボコボコしていますよね。あれでいいんですか? 商品としてどうなんだろうって思いますよ。

松本:あれがいいって言う人もいるんだよ。僕も好きだなぁ。スキがある車っていま、ないじゃない? 1948年から2015年までのランドローバーってアルミとスチールのハイブリッドボディなんだよ。ボディの内側と外側のパネルを接合する方式はブラインドリベットというイギリスで発明された接合方式なんだ。溶接に比べて素材の素性を変えることなく接合できるからね。F1やグループCカーはカーボンコンポジットが出てくるまでずっと、ブラインドリベットだったんだよ。

1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会