体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高級車は素敵だけれど上を見たらキリがない……それなら「先進性」で差別化を!

▲高級車だからこその+αをチョイスしてみてはいかが?

▲高級車だからこその+αをチョイスしてみてはいかが?

新しいステータスシンボルの選び方とは?

車を買うとき、皆さんは何を重視するでしょうか? 見た目や使い勝手、走りの良さなど様々あるかと思いますが、「高級さ」というポイントを重視する方もいらっしゃるでしょう。車は昔ほどステータスシンボルではない、と言われるものの、やはり高級車のステータス性は揺るがないもの。高級車に乗っているときに、「おっ」と振り向かれるのは気持ちがいいものですし、周囲の人からも一目置かれるでしょう。

しかし、どんなに良い車に乗っていたとしても、上を見ればキリがありません。マイバッハやベントレー、ロールスロイスなどなど……。そこで高級さだけではなく、+αの価値を高級車に求めてみてはいかがでしょうか? その+αの価値とはずばり、「先進性」です。

車の性能というのはある一定のクラスまで行けばそれほど差が出なくなるもの。つまり、ある程度の高級車であれば、性能の良さはどれも一緒だということです。それに、たとえ300km/h巡行ができるとしても、日本の公道上ではその力を発揮することは法律が許してくれません。であれば、もっと別のところで差別化したくなるのが人情。ということで、今回は+αとして先進的な機能を持った高級車をご紹介いたします!

日常的に使うならベストチョイスのPHEV車

▲短距離移動であればEV的な使い方も可能なPHEV

▲短距離移動であればEV的な使い方も可能なPHEV

最近ではコンパクトカーからセダン、SUVまで多くの車種に普及しているハイブリッドシステム。エンジンとモーター、2つの動力を持ち、状況に応じて使い分けるシステムは先進的であるとはいえ、多くの車種に普及しすぎてしまった感があるのもまた事実。そこで、そこから一歩進んだPHEV(プラグインハイブリッドシステム)を搭載している車種はいかがでしょうか?

プラグインハイブリッドとは、その名のとおり、プラグを使って外部からも充電できるハイブリッドカーのこと。通常のハイブリッドカーはエンジンを始動するか、回生ブレーキによる減速でしかバッテリーに充電することができませんが、PHEVなら乗っていないときにケーブルを繋いで充電することが可能で、ハイブリッドカーよりも大きいバッテリーを搭載していることが多いため、近距離移動ならガソリンを一滴も使わずにこなすことも夢ではありません。

つまり、移動をとてもスマートにこなすことが可能になるということ。もちろん、充電設備がない環境や長距離移動のときは通常のハイブリッドカーとして使うことができるため、いちいち充電設備を探す必要もありません。もちろん、駐車中に充電している姿は「普通の高級車とは違う感」をアピールすることもできますね。

BMW 740e(現行型)

新世代の7シリーズをアピールするプラグインハイブリッド

▲ツインターボエンジン+モーターのスポーティな走りも魅力

▲ツインターボエンジン+モーターのスポーティな走りも魅力

BMWのフラッグシップモデルである7シリーズは、2015年10月にフルモデルチェンジを果たし、第6世代へと進化しましたが、それから1年後の2016年10月に追加されたのが、プラグインハイブリッドモデルの740eです。

搭載されるエンジンは3シリーズにも搭載されている2リッターの直列4気筒DOHCツインターボですが、それに電気モーターを組み合わせることにより、システムトータルで240kW(326PS)/500N・m(51.0kg・m)というパワーを発生。これは740iに搭載されるV6・3リッターエンジンを上回る数値となっています。また、バッテリーが満タンであれば電気モーターだけで42km(カタログ値)の走行が可能ということで、自宅に充電設備があればちょっとした日常使いなら燃料消費ゼロも夢ではありません。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。