ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

[松茸の保存]おいしい松茸の選び方と、鮮度に差がつく保存法

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
[松茸の保存]おいしい松茸の選び方と、鮮度に差がつく保存法

きのこの王様ともいわれる松茸は、鮮度が命。10~11月とわずかな時期しか出回らないため、いざ手に入れようと思っても、おいしい松茸の見分け方や、保存のコツを知らないという方も多いのでは。今回は、そんな松茸の選び方と、保存のコツ、風味を損なわない下ごしらえなど、まとめて紹介します。

おいしい松茸は、どう見分ける?

松茸はかさがつぼんでいる方が、味わいが豊かで香り高いです。ただし、特有の香りはかさの部分に多く含まれているので、強めな香りががお好みの場合は、かさが少し開いたものを選ぶと良いでしょう。

おいしい松茸の選び方

かさがつぼんでいる(香り重視派なら、かさが少し開いているものを)。

軸が硬く、短く、丸い。

茶色と白のコントラストがはっきりしている。

表面が乾燥していない。

主な産地は、長野県、岩手県、和歌山県など。国内だけではなく、海外のものも増えています。国産と同種の韓国産や中国産、植物学上は別種となる、北欧産、北米産、トルコ産などがあります。

乾燥は大敵!松茸の保存のコツ

冷蔵の場合はキッチンペーパーで包んでから、冷凍の場合はそのままラップで包んでから、それぞれ保存袋に入れて保存

収穫から日が経つほど香りや味が落ちるため、入手後はすぐに食べるのがいちばん。保存する場合は、乾燥に注意しましょう。水に濡らしてよくしぼったキッチンペーパーで松茸を包み、冷蔵庫の野菜室で保存し、早めに食べきります。また、冷凍保存もOK。その場合は入手後すぐに、1つずつ丸ごとラップで包んで保存袋に入れ、冷凍庫へ。料理に使うときは、半解凍してから切りましょう。

香りや風味を損なわない、下ごしらえのコツ

水洗いは、松茸の香りや風味が落ちるためやめましょう。土がついていた場合は、濡れたふきんで拭き取ります。

松茸の下ごしらえのポイント

石づき(根元部分)は包丁で切り落とす。
松茸の石づきを切り落としている様子

水洗いはせず、汚れは清潔な濡れふきんで拭く程度にする。
かさは中心から外側に向かって、軸は根元からかさに向かって拭く。
濡れふきんでかさを拭く様子
濡れふきんで軸を拭く様子

軸がやわらかいものには、虫が付いている場合も。虫が浮いてくるまで塩水につけておけば、取り除くことができる。
松茸を塩水につけるところ

限られた時季にしか味わえないのも、松茸の魅力のひとつ。選び方や下ごしらえのコツを取り入れて、季節の味覚をよりおいしく味わいましょう。

最終更新:2017.10.18

文:KWC
写真:小林友美
監修:カゴメ
参考文献:
『新・野菜の便利帳』板木利隆監修(高橋書店)
『もっとからだにおいしい野菜の便利帳』白鳥早奈英・板木利隆監修(高橋書店)
『改訂9版 野菜と果物の品目ガイド』(農経新聞社)

VEGEDAY powerd by KAGOMEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。