体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたの好きなアーティストがテレビに出れない理由〜音楽業界の俊英・脇田敬氏に聞く

書籍『ミュージシャンが知っておくべきマネジメントの実務』(リットーミュージック刊)では、激動期の音楽業界の中で音楽事務所のマネジャーがどんなことを考え、何を行なっているかが詳しく書かれています。中でも興味深いのは、「テレビに出演する方法」など、今まであまり語られることがなかったリアルな現場話ではないでしょうか? これは従来のメジャーレコード会社を中心としたシステムが崩壊を始めつつ、とはいえまだまだ強力な存在感を示している現状ならではの、象徴的なエピソードと言えるでしょう。そこで著者の脇田敬氏に、昨今の音楽業界を巡るさまざまな話題について、お話を伺ってみました。明日はどっちだ!?

ビジネスの「壁」とクリエイティブの「壁」

ーーー脇田さんの著書『ミュージシャンが知っておくべきマネジメントの実務』では、音楽業界のことが詳しく語られていて興味深かったです。ネットでも少し話題になっていましたが、インディーズバンドがテレビに出られない理由なんて、今まであまり語られて来なかったですよね。

脇田 タブーと思ったことは無いですが、今語ることで音楽シーンにとって、未来に繋がると思えるタイミングなんでしょうね。音楽業界は特殊専門職で、業界の外の人にはわかりにくいんです。TVを見て、出ているアーティストと自分が好きなアーティストを比べて、「なぜ、自分が好きなアーティストはTVに出れないんだろう」と思ったことがある人は多いんじゃないでしょうか? ネットが発達して、「TVに出ている=売れている」とはますます言えない時代になりましたが、それでもTVは大変影響力の強いメディアです。音楽番組の出演がどのように決まっているか。出演に至るまでレコード会社、マネジャー、番組、アーティストの間でどんなやり取りがなされているか。撮影現場で何が起こっているか。実態を知ることで、ミュージシャンやファンが未来を選択する材料にしてもらいたいと思って書きました。そこには、メジャーが優先される理由がありますし、メジャーであっても、売れていても業界から認められていないジャンルやアーティストは出にくかったりすることもあります。スポンサー収入でまわっている構造上、ゴールデンタイムなんかは、若者だけでなく、ちびっこ、パパママ、じっちゃんばっちゃんといったお茶の間を意識しなければいけなかったりしますし、そういったお茶の間の人々は、よくわからないミュージシャンが3分間出続けるとチャンネルを変えかねないですよね。TVの現場は、そういった事情を知る制作側とレコード会社のプロモーターのバランスで成立しているので、そこに当てはまらないアーティストは、何か拒絶されているように感じることになるでしょう。

ーーーいわゆる「業界の壁」ということでしょうか。

脇田 TVにはTVの論理があり、芸能には芸能の論理がある、音楽にも音楽の論理がある、ということが「壁」になることがあります。どこから収入を得ていて、どういう構造なのか……これらを理解せず、その中に入っていこうとすると、「壁」にぶち当たる。このことは一昔前なら業界批判の対象となっていたでしょうが、ネット以降、いろんな選択肢が増えた現在は、もはやタブーではないと思います。TV以外にも宣伝し、音楽を広める方法はたくさんありますから。どんどん業界の仕組みを勉強し、長年積み重ねられたノウハウの宝庫から学んでほしいです。さらに言うと、壁はこれだけではありません。クリエイティブな現場での「壁」もあります。TVを含め、エンタメ業界は、スピーディーで一瞬一瞬が勝負というか、「今」というタイミングを逃すとマジックは失われる、といった感覚があります。なので、TVでも、レコーディングでも、ライブでも、やり方、進め方を「わかってる」者が重宝され、「一緒に仕事しよう」となる。業界用語や専門用語のような身内にしかわからない言葉、変な習慣ですよね。これは、説明を飛ばして、直感的にスピーディーに意思伝達を行なうために略しているとも言えます。また、このような外の人がわからない業界用語や慣習が重んじられたりすることには、センスとかを共有でき、説明抜きでクリエイトできるメンバーと仕事するというポジティブな面があることがわかります。わかってない人間(つまり、新参者)には、そのことが「壁」となるわけです。これは良くない面ですね。
 一つはビジネスの「壁」、もう一つはクリエイティブの「壁」。二重の壁を突破しないといけないというわけです。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。