体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【商店街調査】なつかしい味と温かい雰囲気を堪能! 砂町銀座商店街

【商店街調査】なつかしい味と温かい雰囲気を堪能! 砂町銀座商店街

江東区北砂にある「砂町銀座商店街」。その歴史は古く、戦前には約30店舗ほどの商店街を形成していたという。そんな「砂町銀座商店街」を利用する人々は、どこが気に入っていて、どこに不満をもっている? 同商店街のユーザー100人にアンケート調査を行い、ホンネを探った。

お惣菜が格安で食べられる! 個人商店が多い商店街

東京メトロ東西線の東陽町駅から都バスに揺られ約10分。北砂二丁目のバス停で降りると、横断歩道を渡って目の前にあるのが「砂町銀座商店街」だ。今回は東陽町駅から向かったが、JR総武線・錦糸町駅や亀戸駅、都営新宿線の西大島駅からもバスが出ている。

明治通りと丸八通りを東西に抜ける全長670mの商店街には180店舗ほどが軒を連ね、平日にもかかわらず元気な声が聞こえてくる。そんなにぎやかな「砂町銀座商店街」だが、ユーザーたちはどこが気に入って通っているのだろうか? TOP10は以下のとおり。

●好きなところ(複数回答)

1位:安いお店がある(57.0%)

2位:自分の好きなお店がいくつかある(41.0%)

3位:お店の種類・数が豊富(40.0%)

4位:美味しいお店がある(39.0%)

5位:活気がある、雰囲気がよい(38.0%)

6位:商店街の長さがちょうどいい(34.0%)

6位:個人経営のお店がある(34.0%)

8位:常連になっているお店がある(30.0%)

9位:混雑度がちょうどいい(26.0%)

10位:お店の人が気さくに話しかけてくれる(25.0%)

1位は、「安いお店がある」の項目。たしかに、一通りふらっと歩きながら見ていると、お手頃価格な商品が多いように感じた。特にお惣菜は100円前後のものが多く、お財布に優しい。

2位の「自分の好きなお店がある」については、具体的に回答してもらったので、いくつか紹介しよう。

【赤飯・和菓子 梅むら】

「塩うどんがおいしい」(54歳・男性)

「今どき珍しい、愛情のこもったおいしい手作り赤飯が買える」(41歳・女性)

【魚勝】

「新鮮な刺身が多く、値段も安く、種類も多い」(69歳・男性)

「いつも行列ができるぐらい人気のお店」(41歳・男性)

【松ばや】

「煮卵が最高においしかった」(51歳・男性)

「煮卵をよく買いに行きます。とてもおいしい」(42歳・女性)

【上海肉まん】

「おいしくておすすめ」(50歳・男性)

「色んな種類の肉まんがある」(53歳・女性)

また、なかには、「近隣に大型スーパーがあるが、そこよりも値段が安く、種類も豊富」(31歳・男性)とのことで、どの店にするかを特に決めず通りがかった店で惣菜を買うという声もあった。【画像1】ユーザーがよく行くお店にもあった「魚勝」。店内は撮影禁止とのことで、外観のみ撮影させてもらった(写真撮影/明日陽樹) 【画像1】ユーザーがよく行くお店にもあった「魚勝」。店内は撮影禁止とのことで、外観のみ撮影させてもらった(写真撮影/明日陽樹)【画像2】写真左:松ばやの外観。写真右:人気商品の煮卵、5個入りで税込220円。ちなみに、お店は60年続いていて、現在は3代目だそう(写真撮影/明日陽樹)

【画像2】写真左:松ばやの外観。写真右:人気商品の煮卵、5個入りで税込220円。ちなみに、お店は60年続いていて、現在は3代目だそう(写真撮影/明日陽樹)

もうひとつ気になったのが、商店街で働く人の中に、若い世代が多くいるということ。商店街自体は、高齢者の方がやや多いように感じられ、若者向けのファッションや雑貨などのお店はあまりないようだが、「魚勝」や「松ばや」をはじめ、あちらこちらに働く若者の姿が見受けられた。

“古き良き”を受け継ぎながらも、うまく次の世代につながっている商店街なのかもしれない。

チェーン店や若者向けショップは少なめ……ごちゃごちゃ感は魅力であり、課題?

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。