ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

作業の効率化に!片手で掴んだまま指だけで操作できる次世代マウス「Wolfee」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
一部の人たちの間では圧倒的な人気を誇る「トラックボールマウス」。一度使うとやめられないという声もよく聞くのだが、トラックボールマウスのさらに先をいくような、新たなマウスが注目を集めている。

それが、指だけであらゆる操作ができるマウス「Wolfee」だ。

・片手で掴んだまま指だけで操作できる

普通、マウスはテーブルや台の上に置いて操作するものだ。しかし、このWolfeeは3本の指だけであらゆる操作をこなすため、手に握った状態であればどこででも利用できる。

本体にはトップ、フロント、サイドに3つのキーが搭載されており、握った時にちょうどそれぞれ親指、人差し指、中指が自然に添えられるような構造になっている。カーソル移動はトップにあるキーパッドで操作し、フロントボタンは左クリック、サイドボタンは右クリックといった具合だ。

本体を傾けることでマウスのカーソルを操作する「Air Mouse」モードが用意されているのも嬉しい。

・キーボード的な使い方も?

Wolfeeはキーボード的な使い方もできる。例えば、トップにあるキーパッドの十字キーはキーボードの上下左右キーと同じ役割をもっているし、十字キーをダブルクリックすることでページスクロールを早めたり、サイドボタンのダブルクリックで「Esc」キーと同じアクションをすることも可能だ。

もし、キーボードでのワード入力が必要であれば、仮想キーボードを呼び出してカーソルでタイプすることもできるので、実質この1台でマウスとキーボードを兼ねることができるというわけだ。これなら、ベッドの上でも簡単にPC操作ができる。

ちなみに、Androidのスマホも操作できるというから驚きだ。Wolfeeは今ならKickstarterで89ドル(約1万円)で注文でき、キャンペーンは11月3日まで実施されている。

執筆:Doga

Wolfee/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。